ホームレスへの「無料ヘアカット」が、思わぬムーブメントへ!(ロンドン)

路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさん。彼は2015年からロンドンの路上や地下鉄構内で、彼らに無料でヘアカットやヒゲのトリミングなどを行っているんです。

カット後の表情に注目!

777da0152bab0d77faac68bbff099d52e9a930ccC76f24244d8ddf1dd68b6b07394ee93fb465a596Ef41b8e17f39f9d8e08614029eae10a180049d01Df03cac9ea052202378fd164019e8edbf43d29bf40f5301e7e865e94017055d7c85bb239f96f6f04D948d77bd5dea6be8f5561650878a1018de7af22

みんな、素敵な笑顔やキリっとした顔つきになっていませんか?

写真を撮っているのはCoombesさんの友人で、写真家のMatt Spraklenさん。「#DoSomethingForNothing」というハッシュタグでインスタグラム上に写真をアップしています。カット前・後の写真には、その人のバイオグラフィーを細かく描写。彼らのストーリーを知ることができます。

9c5f9fa14161946a4350c31ca8ff84a9159959cb8b29bbc14cd83bf5c6b2d8fc5499052ee5af77ceF209322ed5c4c830be70afe138ec4ee03f8dd8f7Eef9fea0ff8e8cf788a1e905ce1ca4a017d88897

1人1人の個性に合わせたカットもさることながら、写真も素敵。

Metro.co.uk」によると、Coombesさんはニューヨークへ旅行した際、ホームレスへ無料でヘアカットを行っているのを見たことをきっかけに、ロンドンでもこの活動を始めたそう。美容師としての仕事を終えた後、街へ出て髪を切り始めます。一晩で7人のヘアスタイルを整えるのだとか。

人々の目を奪うこの光景は、すぐ大きな話題となりました。ロンドンのローカルニュースから火がつき、ブラジルや韓国など、海外メディアにも多く取り上げられています。

国際的なムーブメントに

Mashable」の報道によれば、この活動に感銘を受けた、ソーシャルメディアエージェンシーの「Be Social Global」CEOが、Coombesさんらと提携し、Meetupを開催。数百人が参加したのだそう。2016年の終わりには、世界的イベントの開催を予定しているなど、国際的なムーブメントとなっています。

「チャリティに寄付するのは簡単だけど、みんなに知ってもらえる状況を作るほうがやりがいがある」

と「Metro.co.uk」にコメントしたCoombesさん。ホームレスという社会問題と前向きに向かい合っているのが印象的です。もっと彼らの活動を見たい!という人はこちらからアクセスを。

Licensed material used with permission by Joshua Coombes, Matt Spracklen, Do Something For Nothing
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
アイオワ州ダビュークで行われたコミュニティイベント「Back to School Bash Community」に出店した理髪店「Barber Court...
イギリスの団体は、ホームレスの人たちが経験している悪循環に歯止めをかけるべく、無料で生活用品や飲食物を提供する自動販売機を設置するというプロジェクトをスタ...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
捨てられてあてもなく道を彷徨っていたLuckyは、ドッグサロンを経営しているKari Fallaさんのもとへ連れて行かれ、ヘアカットをほどこしてもらうこと...
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
米メリーランド州ボルチモアのとあるレストランが、この夏5日間限定で特別客を招待すると、地元情報誌「Baltimore magazine」が伝えている。ライ...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...