ホームレスへの「無料ヘアカット」が、思わぬムーブメントへ!(ロンドン)

路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさん。彼は2015年からロンドンの路上や地下鉄構内で、彼らに無料でヘアカットやヒゲのトリミングなどを行っているんです。

カット後の表情に注目!

みんな、素敵な笑顔やキリっとした顔つきになっていませんか?

写真を撮っているのはCoombesさんの友人で、写真家のMatt Spraklenさん。「#DoSomethingForNothing」というハッシュタグでインスタグラム上に写真をアップしています。カット前・後の写真には、その人のバイオグラフィーを細かく描写。彼らのストーリーを知ることができます。

1人1人の個性に合わせたカットもさることながら、写真も素敵。

Metro.co.uk」によると、Coombesさんはニューヨークへ旅行した際、ホームレスへ無料でヘアカットを行っているのを見たことをきっかけに、ロンドンでもこの活動を始めたそう。美容師としての仕事を終えた後、街へ出て髪を切り始めます。一晩で7人のヘアスタイルを整えるのだとか。

人々の目を奪うこの光景は、すぐ大きな話題となりました。ロンドンのローカルニュースから火がつき、ブラジルや韓国など、海外メディアにも多く取り上げられています。

国際的なムーブメントに

Mashable」の報道によれば、この活動に感銘を受けた、ソーシャルメディアエージェンシーの「Be Social Global」CEOが、Coombesさんらと提携し、Meetupを開催。数百人が参加したのだそう。2016年の終わりには、世界的イベントの開催を予定しているなど、国際的なムーブメントとなっています。

「チャリティに寄付するのは簡単だけど、みんなに知ってもらえる状況を作るほうがやりがいがある」

と「Metro.co.uk」にコメントしたCoombesさん。ホームレスという社会問題と前向きに向かい合っているのが印象的です。もっと彼らの活動を見たい!という人はこちらからアクセスを。

Licensed material used with permission by Joshua Coombes, Matt Spracklen, Do Something For Nothing
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
アイオワ州ダビュークで行われたコミュニティイベント「Back to School Bash Community」に出店した理髪店「Barber Court...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
イギリスの団体は、ホームレスの人たちが経験している悪循環に歯止めをかけるべく、無料で生活用品や飲食物を提供する自動販売機を設置するというプロジェクトをスタ...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
捨てられてあてもなく道を彷徨っていたLuckyは、ドッグサロンを経営しているKari Fallaさんのもとへ連れて行かれ、ヘアカットをほどこしてもらうこと...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...