ベルリンのクラブはホームレス憩いの場!?

真冬には、最低気温がマイナスにもなるベルリン。暖かい家の中にこもっていたい人がほとんどでしょう。でも、行き場がないホームレスは、外で凍えるしかありません……。

景況感の停滞を不安視する以上に、いまのドイツでは貧困問題が深刻。高額な住宅、難民問題、不安定な雇用などが原因で、ホームレスの数が増加し続けています。それは、大都市ベルリンでも同じこと。これまでも同様の問題はあったものの、最近はメディアに取り上げられることで、やっと焦点を当てられるようになっているということです。

そんな中、ベルリンのクラブ「Astra Kulturhaus」と「Bi Nuu」が打ち出したある企画が注目を集めています。

2019年1月と2月、本来ならばコンサートのスケジュールで埋まる同クラブのフロアを、週1でホームレスのために開放するというもの。彼らはここで暖をとり、眠りにつくことができます。

企画したのが慈善団体ではなくクラブというのが意外だけれど、どれほど問題解決が急務なのかが伺えます。

Top image: © iStock.com/SolStock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
オーストラリアを拠点に活動する慈善団体「Beddwon」は、夜間に使われていない駐車場スペースを利用して、ホームレスのための「ポップアップ宿泊施設」を立ち...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。