「全裸レストラン」がベルリンにオープン

自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。

今度はベルリンに登場しました。非日常をそれこそ全身で味わいたい、と連日大賑わいなんだそう。

全裸のお客はすべて無料
ウェイトレスはプレイガール?

話題の店は、ベルリン中心部にあるオーガニック食材を使ったレストラン「Black Cat」。なんでも15年以上続くアダルトエキスポ「Venus Berlin 2016」の一環として、期間限定オープンということですが、ここではお客が裸でなければいけないという義務はなく、裸であれば店のメニューが全品無料になるサービスを実施しているようです。

「裸になるだけでタダになるって聞いたら、当然参加したくならないかな。すっぽんぽんなんて全然気にしないけどね」

全裸になって人生初の食事を無料で楽しんだカップルの声を、「Mirror」が紹介しています。

ちなみにこのヌード・レストラン、なんとウェイトレスまで大胆にもトップレス姿で注文をとり、料理を運んできてくれるというから驚き。もちろん、そっち系のお店?ではないので悪しからず。それでも、オープンに際し店側も本物のプレイガールやポルノ女優をウェイトレスに起用するあたり、したたかな客引き戦略がうかがえますよね。

ロンドン、メルボルン
いま、なぜ全裸が熱いのか

ところで、現在ロンドンで期間限定オープン(2016年8月末まで)している超開放的レストラン「The Bunyadi」も、その入店をめぐって、じつに4万件近い予約が殺到したことでも大きな話題となりました。

裸で食事を楽しむ開放感(ないし快楽)は、やってみた者にしか分からない。欧米を中心にヌード・レストランがブレイクする背景には、当然ながら性に対して開放的な彼らの文化的アイデンティティが関係しているんでしょうが、ヌーディストビーチに飽き足らず(?)、食の世界にまで“すっぽんぽん”が浸透してきた背景には何があるのでしょう?

たとえば、The Bunyadiでは「裸でいるほうが快適」とお客に感じさせる工夫として、店内にスマホの持ち込み禁止や、レストラン側も電気やガスを一切使用しない自然に近い状態を演出するこだわりよう。ここでは、いわゆる「デトックス=全裸」が一つのコンセプトとして成立しているのかもしれません。

ついに、この夏東京にも!?

じつは、日本にもこの夏ヌード・レストランが7月29日にオープン予定なのを知っていますか?場所は東京・六本木。すでにこちらも申し込みが殺到しているそうですが、自然なままで食事を楽しみたい!という人は、「THE AMRITA」公式サイトをのぞいてみてはいかがでしょう。

他の記事を見る
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
ギリシャのリゾートCosta Navarinoにあるレストラン「Barbouni」。ここの天井は、波のようで美しいと話題になるほど特徴的。一度は訪れてみたい!
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
UAE(アラブ首長国連邦)の生産者が、ジープで砂漠まで行き、集めた砂を使って作られたコーヒーカップ。フォルムは変わりゆく砂丘をイメージ。大切な人にこそプレ...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
バリにあるレストラン「Ijen」。特筆すべきは、リサイクル素材でできている点。さらに、残飯は地元の農家に提供。肥料として使われます。ビジュアルからは想像で...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
食料の消費の仕方をどうやったら変えられるのか?料理方法を変えるべきなのか?いかに生きていくのか?を考える場所。
ベルサイユ宮殿は、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている世界的に有名観光地。ですが、一部がホテルとレストランになると宮殿から発表がありました。下の写真を見...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
目の前に現れるのは、ちょっと不思議で楽しいシェフたち。見て、驚いて、味わえる。これまでにない“特別な体験”が、いま始まろうとしていますーー。身長わずか5c...
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではな...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...