ただいま3万人待ち!「裸で食事をするレストラン」がロンドンにオープン

今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。

テクノロジーは一切禁止!

いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが、お店に入るとバーエリアでガウンが渡され、着替えて携帯電話や持ち物をロッカーに入れたら、レストランサイドへ移動する仕組みになるそう。

裸になるか、ガウンを着たままで食事するかでセクションが分かれます。

インテリアや料理は
ナチュラル志向!

テーブルや椅子は、切り株。パーテーションは竹で、照明はろうそくのみと、内装は自然のもので統一。気になるお料理まで、木の棒と直火だけで調理するシンプルなものになるそう。

5皿提供されるメニューは、ビーガンかそうでないか選べます。お皿は粘土で作られた手作りのもので、食べられるカトラリーもコースの一部。安全上の理由から、シェフは裸ではないのだとか。

ねらいは「本当に自然な体験」

このレストランを企画したのは、イベントやレストランなどを運営する「lollipop」。Seb Lyallさん「The Daily Mail」にこうコメント。

「私たちは、スマホをはじめ、電気、ガス、人工の色、化学物質などの不純物がない環境で夜遊びを楽しむ機会があってもいいと考えている。みんなが望むなら、衣服でさえね」。

6月から3ヶ月限定でオープンするこのレストラン、客席は42席ですが、2016年5月初旬の時点で、3万2,000人以上もの人々がウェイティングリストに名を連ねています。「BBC」には、人気が出たら規模を拡大する意向があると書かれており、その結果の行方が注目されています。

Reference:The Daily Mail, BBC
Licensed material used with permission by Bunyadi
他の記事を見る
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
Bella Foxwellさんのインスタアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
みんなが祝福し、喜びを分かち合うのがクリスマス。そんなお祝いの日に、ひとりぼっちで食事なんて寂しいに決まってる。そこで…ロンドン南西部の町シドカップにある...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。