「幸せそうなカップル」そう思ったあなたへの痛烈な皮肉

まずは、これを見て。

美しい写真には、ヒミツが。

美しいカップルの写真、と思いきや、彼らは赤の他人。左下に記されている時間の通り、ついさっき出会ったばかりなのだ。

これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品。

全ての参加者はマッチングアプリ「Tinder」で見つけている。

「好き勝手にスワイプして、依頼するの。向こう見ずな人や、実際に相手探しをしている人たちにね」

こちらもやっぱり他人同士の一枚。それを知りつつ見るだけでもオドロキだけど、「なぜこんな取り組みをしているの?」と聞いてみると、意外な答えが返ってきた。

ある意味、痛烈な「皮肉」。

「私は、リアルな感覚が大切だと思ってる。生身のものを実際に自分で探して、見つけて、それで自分自身を満たすことが肝心だって。

本当は遠く離れているのに、まるで近くに物事があるかのように装う電子スクリーンなんかは閉じて、手を差し伸べてリアルの何かを作り出すことが必要なの。

だから逆に、私はリアルを装うのがいかに簡単かってことを、みんなに気づかせようと思った。

ここにあるものはみんな嘘なの。表面だけのものを作るのはとても簡単。でも、もっと深いもの、本物が欲しいのなら、デバイスでのつながりなんか捨てて、実際に動かなきゃ」

こう答えられてドキっとしたの、私だけじゃないのでは。

これは、私たちが「表面上」のものだけを見るようになっていることを鋭く突いたメッセージだったんだな。

この写真たちは、ある意味、リアルに鈍くなった私たちに警鐘を鳴らす「美しい皮肉」とも言えるのかもしれない。

本物だけが欲しかった。

うわべだけの愛情、関係、ネットだけの繋がり、などなどライトな関係には困らなくなってきた現代。それで、こんな風に「一見、美しくて綺麗なもの」を作ることだってできる。

でも、それでいいの?本物じゃなくていいの?いや、そもそも「本物」ってなんだろう?「本物の愛情」「本物の関係」「本物の繋がり」ってなんだろう?それが何だかわからなくなってしまったまま、漠然と飢えてる人が増えているようにも思えるのは気のせい?

デバイスを指でなぞるだけで、関係は掃いて捨てるほど生まれる。

でも、それに対してこの写真たちは美しく疑問を呈している。

Licensed material used with permission by Marie Hyld, (Instagram)
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
あなたはこの乳房をみて、どう思いますか?
まぁまぁみなさん、人目もはばからずに……。
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
香川県の小豆島にある「マルカツ製麺所」。Instagramでほぼ毎日のようにそうめんの製法をUPしているが、そのフォロワーは4600人超。そうめんの美しさ...
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
アメリカの動画メディアのCutが挑戦者たちに「10人から5組のカップルを当てる」というシンプルなルールのゲームを決行。似た者同士を組み合わせてみたり、ペア...
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
「オトコ大好き!SEX、大好き!」って公言してしまう女の子。個人的にですが、振り切ってる清々しさが好きです。そういう女の子の話って、面白いし(笑)『Eli...
こんなふうに何かを「いつくしめる」人になりたいな。
ずっと続けていると愛想をつかされそうだけど。
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
夢の中でなぜか裸になっている。しかも、そこに違和感はなく、自然に振る舞っている…なんてことはないでしょうか。現実ではあり得ないですが、夢の中でも裸になって...
「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。