「仕事ができる人だ」と思わせたいとき、このフレーズが役に立つ。

実務をこなすスキルはもちろん重要ですが、ミーティングやプレゼンなど、対面している相手に「仕事ができそう」「わかる奴だ」と思わせるほうが、重要なこともあります。

たとえば、内容が理解できなかった会議で意見を求められたとき、上手な逃げ道を用意できていますか?

会社経営やリーダーシップ論で200万部以上を売り上げたピーター・エコノミー氏が、「Inc.」で紹介しているのは、相手を信頼させるための、それっぽいフレーズ。英語でのニュアンスなので、必ずしも「万能だ!」とは言い切れませんが、頭の片隅に残しておいて損はなさそうです。

01.
「率直に言って…」

C1c9083b93b9eb5a72565b2765e002cacbe084ef

これは、「正直に言えば」や「本音を言えば」よりも、ストレートに思っていることを口に出す姿勢を示すフレーズ。はっきりと意見を言える人間だ、と思わせることが信頼に繋がります。

02.
「これが、私の思っていることの全てです」

意見やプレゼンの最後にこのフレーズを使うことで、それが単なる憶測ではないことや、小手先で述べたわけではない、という印象を聞き手に与えます。

03.
「あくまでも私の見解ですが…」

これから始まるあなたの話が「わかった気でいる」ものではなく、自分の立ち位置を理解した上で述べていることを示すフレーズです。

それがたとえ見当外れであっても、ただの無知だとレッテルを貼られるのではなく、ひとつの意見として受け入れられやすい状況になります。

04.
「私なりに熟考したのですが…」

1000624e7354c068ae2d7a283d731af7eb823b5f

とくにあなたの立場が弱いケースで意見を共有するときは、素直に自分ができる限りで考えたことを述べたほうが好印象です。実力にハッキリとした差があるからこそ、ヘタに見栄を張ると、浅はかさが浮き彫りになってしまいます。

05.
「時には…」

絶対的な表現は使えないけど信頼性を高めたいなら、「たまには」よりも「時には」のほうがいいでしょう。

06.
「最善の努力をしたのですが…」

上司からミスを指摘をされたときは、すぐに謝罪するのがベスト。しかし、自分が本当に手を尽くしたけれど、どうしても予想していなかった問題であったことを伝えるなら、このフレーズが使えます。

07.
「どうしても、ご理解いただきたいのですが…」

3203a45af014e5c0b258765a931bf6a2cbc6332c

本当にこれだけはわかってもらいたい、伝えたいという意思表示をするときには、媚をうったり下手に出すぎるのではなく、素直に感情が伝わる言葉を選んだほうが信頼されます。

 

いかがでしたか? う〜ん、2番はあまりにも英語の感覚なので、日本人が使うと大げさすぎる気もしますよね。1番や3番は、明日からでも使える場面がありそうです。

Licensed material used with permission by Peter Economy
不器用な人ほど素直な気持ちで「Inc.」のMarcel Schwantesが説く、周りから信頼を勝ち取るヒントに目を向けてみてはいかがでしょう。口にするだ...
プレイングマネジャーのビジネス・コミュニケーションで大切なのは、たった5秒の日常会話。自著『プレイングマネジャーの教科書 結果を出すためのビジネス・コミュ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
ビジネスイベントなどに参加したとき、あなたは100%そのチャンスをモノにできていますか?ずっと尊敬していた著名人が参加しているにも関わらず、「話しかけられ...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
人生は一度切り。だから、「これをやるために生まれてきた」と思える仕事に出会いたいと思っている人は、少なくないのではないでしょうか?今回は欧米の研究者による...
ビジネスソリューションを生み出すアイデアに長け、これまで多くのビジネスリーダーにアドバイスをしてきたGordon Tredgold。長年のキャリアのなかで...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
『inc.』のJeff Hadenさんの記事によると、全米の40万名以上を対象に調査をした結果、「昇進が効果的に管理されている」と社員が思うとき、2倍以上...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
「成功」によって、大切なものを失ってしまう人がいます。『Inc』のライターNicolas Coleさん曰く、それはこの5つに当てはまるから。
ただの言い訳にしか聞こえないような……。
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...