転職もいいけど、「今の仕事」がもっと好きになる5つのヒント

慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。

確かに転職もひとつの手ですが、今の職場でもまだ打つ手はあるはずです。「Brit + Co」のJulia Malacoffさんが提案するのは、今の仕事がもっと好きになれる5つのヒント。トライしてみては?

01.
同僚とのコミュニケーションを
甘く見てはいけない

仕事の質をあげることと、同僚とおしゃべりをすることは、一見結びつかないように思うかもしれません。ですが、キャリアのエキスパートCaroline Beaton氏によれば、人間関係がうまくいくことで、仕事のモチベーションがアップし、新しいアイデアも生まれやすくなると言います。

同じ業務をこなしているように見えても、自分とはまったく違う形で作業に取り組んでいるかもしれません。ランチに誘ってみたり、仕事終わりに一杯飲みにいけば、自然と彼らの考え方も見えてくるはず。違う角度から物事を見ることで、マンネリ化していた仕事も新鮮味を取り戻すでしょう。

02.
プライベートの自信が
仕事につながる

プライベートでも打ち込める「何か」を見つけることは、仕事のモチベーションにもつながる、とClearRockの副社長、Ellie Eckhoff氏。

慣れていない環境に自分の身を置き、新たに何かに挑戦することは、自信に繋がります。山に出かけておいしい空気を吸ってみたり、思い切ってサーフィンに挑戦するのもいいでしょう。そこで得た自信が、停滞気味の仕事に新しい風を呼び込んでくれます。

03.
尊敬している人や上司と
距離を近づける

仕事場では、忙しくてなかなか声がかけづらい上司。でも心から尊敬しているのなら、ランチやコーヒーに誘って、知恵を借りることも必要なのでは?

キャリアの戦略家であるMerideth Mehlberg氏はこうアドバイスします。

「自分よりいくらか地位が高い人にコミュニケーションをとることがベストです。そうすれば、より多くの学びがあるはず。彼らの最大の課題を聞き出し、自分が手助けできることはないか、尋ねてみましょう。彼らが本当に助けを必要としていれば救いになるでしょうし、あなたにとっても、貴重な学びが得られる経験となるはずです」

自分の才能が発揮できる、最高のチャンスが生まれるかもしれませんよ。

04.
環境を変えて
「新鮮な気持ち」で取り組む

たとえば席替えを提案してみるなど、できる範囲で自分を取り巻く職場環境を変えていきましょう。

JJ Smith Consulting」のJacqueline Smith氏の提案がこちら。

「たとえば、金曜日がこのキャリア最後の就業日だと仮定して、いらない物を全部捨ててみること。週末になったら、その週を振り返り、改善点をすべて書き出してみること。そして月曜日には、新入社員の気持ちになって、物事を見てみること」

実際に働くスペースを変えてみるのも効果的ですが、仕事の取り組み方を変えることで、新たな気づきが舞い込んでくるかもしれません。

05.
もっと「自分」を
売り込んでみる

昇格を希望しているのであれば、機会を待つのではなく、自分を売り込んでいきましょう。参加が任意のセミナーや会議に参加するのはあくまでも受動的。自らアイデアを発信していくほうが、直接的な結果に結びつくはずです。

まだまだ同じ業界にいるのであれば、持ち前の知識を発揮し、上司に思い切ってプレゼンをしてみたらどうでしょう。意外と採用されるかもしれませんよ。可能性を諦めてはいけません。

Licensed material used with permission by Brit + Co
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...
とりわけ、若い人が転職を考えるとき、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。給料、世間体、勤務条件など、不安要素を数えればキリがありません。しかし、転職を...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
「果たして、このままこの仕事を続けるべきなのだろうか…」。そんな疑問が頭をよぎるものの、目の前にあるタスクに追われ、なかなか答えが見出せていないのでは?「...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
職場にいる"有害人物"とは、そこそこの業績を出しつつも、自分が優位になるよう静かに周りを洗脳していくタイプ。流されやすい人は、いまにも彼らの毒に染まってい...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
「Microsoft」と「LinkedIn」が発表したのは、履歴書を効率良く作成するための新機能。Wordで打ち込みながら、参考にできる成功者の履歴書を確...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
まもなく新年度。就職や転職、部署異動といったキャリアの転機を迎える人も多いと思います。厚生労働省が2013年に行った「労働安全衛生に関する調査」では、...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...