天職を掴みとるために知っておきたい「6つのこと」

起きて活動している時間のうち、じつに30%以上の時間を私たちは職場で過ごします。そんな風に人生の大半を捧げるのであれば、自分が納得した職場で働きたいものです。

Elite Daily」のライター、Dan Scalcoさんはそんな「天職」を掴むための秘訣を紹介しています。

01.
本当に自分が「好きなこと」
知ってる?

まずは「自分が何をしたいか」を見つけないことには始まらない。あなたの一番の関心事は何だろう?

もちろん仕事だけじゃなく、プライベートに関することも大切だ。それが君のやりたい仕事に繋がってくるからね。自分は人と話すことが好きなのか、それとも、ひとりでものづくりをすることが好きなのか。

もし自分のことがよくわからないのなら、パーソナリティ診断を受けて自分の性格や適性を知るところから始めてみては?

02.
自分にしかできないことを
見つける

他の人と比べて、自分だけが持っている「ユニークなところ」は何だろう。

仕事を見つけるためには、最終的には競争相手に勝たなければならない。そのときに役に立つのが「独自性」だ。

得意なこと、自分の性格、そしてライフスタイルを振り返って「これだけは誰にも負けない」と言えるものを見つけてみよう。

03.
誰よりも目を引く
魅力的な履歴書をつくる

履歴書は、あなたの「第一印象」を担っている。

たくさんの履歴書のなかから抜きん出るためには「戦略」が必要だ。就きたい仕事に関連する経験を最優先にして、その仕事に役立つスキルをしっかりとアピールしよう。

04.
ネットワークを
広げること

人脈は、君の夢を叶えるための貴重なものだ。就きたい仕事の関係者と親交があれば、わざわざ就職活動をしなくても仕事がもらえるかもしれない。

関係者の中に身を置き、あなたの夢や目標を知ってもらおう。そしてあなた自身に興味を持ってもらうことが大切だ。

SNSや知り合いのつてを当たって、ネットワークをどんどん広げていこう。

05.
お金よりも
「経験」に焦点を当てる

生活するために仕事をするのだから、当然「給料」も無視できないポイントだ。でも、少し立ち止まって考えてみてほしい。

お金を稼ぐことが、あなたにとって本当の幸せだろうか?

一度給料のことは横に置いて、キャリアアップを目指して生き生きと働ける仕事を探すことに集中してほしい。

06.
粘り強く
諦めないこと

夢を叶えるためには、ある程度の粘り強さが必要だ。失敗しても諦めずに就職活動を続けてほしい。

すぐに結果が出なくても人脈を広げ、夢のためにスキルを磨くことには大きな価値がある。そして、その活動はやがて素晴らしい成果に繋がるだろう。何があっても集中して、前を向いて、自分の夢に向かうこと。その努力はきっと報われるはずだ。

Licensed material used with permission by Elite Daily