効率よく、魅力的な履歴書を作るためのヒント。

ちょうど去年の今ごろ、キャリアチェンジを考えていた私は、仕事の休みなどの空いた時間にせっせと履歴書を作成していました。その時に感じたのは、転職には物凄いパワーがいるということ。

面接はある程度勢いで乗り切れたところもあったけれど、履歴書を作成するのにはまた違うパワーが必要なんです。応募するすべての仕事に対して、まったく同じ履歴書は出せないですからね。だから、どんなに時間がなくてもそこに注力しなければいけないことは、転職経験者であれば共感してもらえるはず。

書類審査を通らなければ、面接にも辿り着けませんしね。

時間がないあなたに
履歴書作成の「アシスタント」

ちなみに、皆さんは「LinkedIn」のアカウントをお持ちですか?私は大学卒業時から持っているけれど、同サイトを通して募集しているポジションを効率よく探したり、自身のアカウントに載せている職歴を見たリクルーターから連絡をいただいたり、転職活動の際はお世話になりました。

さて、先日、「Microsoft」と「LinkedIn」が効率良く履歴書をつくるための新しい機能「Resume Assistant」を発表したと聞いて、転職予定はありませんが、つい調べてしまいました。

どうやら、この機能を使うことで「LinkedIn」から必要な情報を入手しながら、「Word」で履歴書を作成できるということです。例えば、あなたが応募したい職種や興味がある業界で活躍する人たちは、どのようにこれまでの仕事経験をまとめているか、上にある画像のようにパッと確認することができるのだそう。

また、転職に関するプロから履歴書作成や面接などの指導を受けられる「ProFinder」という機能にも、簡単にアクセスすることができるのだとか。少ない時間の中で、1人で頭を抱えて悩んでいなくても良いのだと思うと、ちょっと気持ちが楽になりませんか?

この機能を使うには、「Office 365」を使用している必要があるとのことです。とはいえ、日本の転職事情を考えると、履歴書は人材紹介会社を通して準備するという人やそもそも「LinkedIn」を使わないという人もいるでしょう。両方使ったことがある私からすると、この機能は「海外で仕事を探している人」もしくは「外資系企業への転職を考えている人」にオススメできると思います。

Licensed material used with permission by LinkedIn
デザインチーム「Nyokki」が作る「逆から履歴書」は、過去の自分ではなく、未来の自分を先に伝えることで、働く姿を想像してもらう画期的なアイデアだ。
選考から落ちないためにも、履歴書の第一印象を強くさせたいと思いますよね。そこで、海外の人気ビジネスサイトのInc.から、会社が履歴書で「会いたい」と思うよ...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
仕事を探している時、履歴書を書いて自己表現するのは、私たち人間にとっては当たり前のこと。しかし、犬が同じことをしてみたらどうだろう。これが意外にオモシロか...
履歴書のJIS規格の様式例から「性別」「年齢」「顔写真」の欄があるものを削除したと「日本規格協会」が発表。
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
NPO法人「POSSE」は履歴書の性別欄の廃止の実現に向けた署名活動を開始。世界中で性差別反対やジェンダーレスの動きは加速しており、この署名運動にもすでに...
「ルームメイトがプロムのパートナーを探しているの!」とある女の子のFacebookポストに、とびっきりクリエイティブな方法でアピールをした大学生がいます。...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
なかなか理想的な相手に出会えない…。恋愛と同じ、時には、それ以上に困難なのが、就職や転職ではないでしょうか。面接で一生懸命アピールしてもうまく伝わらない。...
YouTubeは、自身で設定した就寝時間に合わせて、寝ることを勧めてくれる「おやすみ時間の通知」機能をローンチ。その他にも時間管理に役立つ機能も追加でリリ...
目の前のタスクに必死になり、帰宅後はクタクタ。そのままベッドに横たわり、つい寝てしまう…。もしも、ただただ忙殺されているとしたら、この記事をヒントに「忙し...
“働く大人のデイリーウエア”をコンセプトに据えるニューバランスの新コレクション「THE CITY」の販売がまもなく開始。
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
起きて活動している時間のうち、じつに30%以上の時間を私たちは職場で過ごします。そんな風に人生の大半を捧げるのであれば、自分が納得した職場で働きたいもので...
フランスの経済学者トマ・ピケティの経済学書『21世紀の資本』が、社会派ドキュメンタリーとして映画化。来月3月20日(金)より「新宿シネマカリテ」ほか全国順...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
忙しいと、なかなか食べるものにまで気がまわらない事がしばしば。しかし、ランチや軽食をプランニングし、加えて体をほぐすことをすれば、1日集中力を切らさずに仕...
大手企業から無職の道を選んだのち、TEDxの舞台に立つまでに彼は一体何を掴んだのか。私の口からそれを説明するのではなく、ぜひ彼自身から贈られる言葉に耳を傾...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...