「この手があったか!」な「逆から履歴書」

「まず名前を書いて、学歴を書いて、本人の希望は......“なし”でいっか」

履歴書を書くときは、いつも大体こんな感じ。でも、本当にこれでいいんだっけ?

そんなふうに思わせてくれるのが、デザインチーム「Nyokki」が作る「逆から履歴書」。通常なら履歴書の最後にある“働き方の希望”“志望理由”がいちばん最初の項目にくることで、未来の働く姿や、仕事への想いを先に伝えられるというもの。

見た目や学歴、個人の情報よりも、先に一緒に働く仲間としての姿を想像してもらう画期的なアイデアだ。

「履歴書は採用を獲得するための手段であるだけでなく、働くことを踏まえた対話のきっかけである」とNyokkiが語るように、応募者側もこの企業で何をしたいかから考えられたら、満足のいく職場が見つかるのではないだろうか。

PDFのダウンロードはコチラから。

©Nyokki
Top image: © Nyokki
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事