「スティーブ・ジョブズ手書きの履歴書」オークションに出品

英国のオークションサイトに「スティーブ・ジョブズが書いた履歴書」が出品。

履歴書は、1973年、18歳のジョブズが「リード大学」を中退とした直後に書いたとされるもので、その内容にも注目が集まっている。

© iamhacker/Twitter

「名前:スティーブ・ジョブズ」「住所:リード大学」「電話:なし」「専攻:英語文学」と筆記体で書かれた履歴書は、どこか少しラフな印象を与えるもの。

続いて、交通アクセスの項目には「可能であるが現実には難しい」という文言が書かれ、スキルの項目にはコンピュータと計算に「Yes(デザインと技術系)」とある。

また、特殊能力の項目には「電子技術やデザインエンジニア」と書かれ、後年のジョブズの活躍につながるような内容になっている。

この履歴書がジョブズにどのような影響を与えたのかは不明だが、ジョブズはこの1年後にゲーム会社「ATARI」に入社し、スティーブ・ウォズニアックと意気投合することで「アップル」を設立することに。

そう考えると非常に興味深い内容が記されたこの履歴書は、過去にも幾度かオークションに登場したようで、2018年の出品時には17万4000ドル(記事執筆時約1840万円)の値をつけて話題になった。

はたして、今回はいくらの値段がつくのだろうか。オークションは2月24日に開催されるとのことだ。

Top image: © Justin Sullivan/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事