キャットストリートから世界へ。デジタルPR稲木ジョージの履歴書

その男の名は、稲木ジョージ。

25歳のとき、アメリカンアパレル(American Apparel)の渋谷レディース店を世界一の売り上げ(全250店舗)へと導いた人物だ。現在、デジタルPRとして活躍の舞台をNYへと移した彼の経歴がトントン拍子というなら…。

が、人生はそうじゃないから面白い。彼だって。

「You never know(人生なにが起こるかわからない)」、ただの楽観主義的に聞こえていたジョージの言葉だったが、取材が進むうち徐々に説得力を増していった。彼が「原点」と位置付ける街、渋谷でロングインタビュー。

バイリンガルだけでは足りない。
過去の自分をいかに塗り替えられるか

801fae17e97aaeac0dcae01945133a58e9006ea8

アメリカンアパレルでの実績を携えて、ジョージがNYへと渡ったのは27歳のとき。ところが、自信を持って臨んだはずのPR会社でまさかの門前払い。誰一人会ってくれない。ようやく1社アポが取れただけでガッツポーズ。

人事の担当者が出てきてジョージにこう尋ねた。「NYで誰を知ってるの?誰と友だち?」いくら実績があろうが、そんなの関係なし…。

自分がこうなっていくだろうなという形が一向に見えてこない。これはまさに生き地獄!日本で培ってきたものがNYでは実在しないも同じ。

Cdf3394c235961a1ef0b34153dd2dad5c7a8d260

どこに向かえばいいか、次のステップがまったく見えない状況をジョージは近著『ニューヨークが教えてくれた、「自分らしさ」の磨き方』(宝島社)の中で、こう表現している。

マーケティング活動におけるデジタル施作の需要が高まるなかで、彼のような存在が決して不要だったわけではない。けれど、NYはコネ社会。人とのつながりで成功してきたジョージの行く手を高い壁が阻んでいた。

「『この人知ってます、あの人と飲んだことあります』そう自分が言ってしまったとき、すごく自己嫌悪に陥りましたね。実力ではなく、他人の名前を売っているようで…。何ができるかを問われるはずなのにね。コネクション作りの方が先。いつか見返してやるって、ずっと腹に思ってましたよ」

そうしてアメリカでもう1回、28歳インターンシップからの再出発。そこからのジョージの活躍は、ぜひ本の中で。

(職業)デジタルPR
日本と世界をつなぐ窓口

Dfd1072de9cd9c41e372dbba28227688ba7bb76f

それにしても、デジタルPRという職業が今ひとつピンとこない。「あえてインスタでは“遊んでいる感”を出している」と、本人はとぼけてみせるが、その実ジョージの活動は多岐にわたる。

「例えばハイブランドとの取り組みでいうと、ブランド離れしているミレニアル世代に対して、デジタルのパワーを使って訴求する方法を考えたり、インフルエンサーを起用してディレクションしたり。デジタルマーケットに向けてのPRストラテジーを考えていくのも仕事のうち。『これしかできない』っていうような専門性は、性に合わなくてイヤなんですよね。

9af48c9716b8d1e231ea7b74a37ef7e09b94edfd

とにかく、日本と世界とをつなぐ窓口になりたくて、グローバルブランドを日本に対してローカリゼーションすることにも注力しています」

アメアパ時代から染み付いたもの
リサーチは自分の足で

Aee65dd64f117ddb1a3ad5ce033f00947a9e0cec

「SNSで情報を得るというよりも、リサーチの時はアシスタントの子たちと分担してSNSは網羅し、基本は歩いて探します。地下鉄やバスに乗って人々がどんなファッションしてるか、どんなメイクが流行ってるのか、どんな店に人が集まっているのかを実際に目で見て確かめる。

とにかく、どんなことにおいても
「無意味にダラダラ」ができない。

僕は何をしていてもONじゃなきゃいけないと思ってて、ベッドの中にいてもアイデアが閃けばすぐにメモをとって作業を始めちゃう。やっぱり新鮮なうちに動かないと。もう昔っからこうだから。

OFFのときって言えば、誰かと食事しているときくらいかな。意識的にスマホも見ないようにします。あとは1時間のピラティス。メディテーションもそうですけど、“無になれ”とかいうじゃないですか。あれ、僕には絶対ムリ。常に頭を動かしちゃう」

「リアル」が消えようとしている

主戦場をNYへと変えたジョージにとって、今の渋谷はどう見えているのだろう。自身「スタート地点」と捉えるキャットストリートを歩きながら、こんな質問をしてみた。

7年前といまの渋谷、何が違って見える?

「やっぱりアメアパが元気な頃は、キャットストリートも両側に店がズラーッとありましたよ。PARCOも派手だったけど、そういった派手好きな若い子たちがこのあたりの遊歩道に降りてきてたんです。100mあっても、今って20mくらいで切れちゃってるじゃないですか。でまた50m続くみたいな。こういうのがなかったなあ。

今でこそラグジュアリーブランドがこの裏通りにもバンバン路面店を出すようになったけど、ひと昔前のほうが街も人も元気だったような気がします。SNSが普及してみんなの中からリアルが消えたっていうか。つくりものの自分を演じてそれをアップして。昔の人たちは、それこそ今を楽しむことが大事だったんじゃないかな。僕はその感覚を忘れたくない」

移ろい激しい2つの都市を軽やかに行き来するジョージ。デジタルPRの最前線にいる彼が、フォロワーやライク数ではなく、足で歩いて見つけることにこだわり続ける理由に思わず膝を打った。

「リアルが消える」結局のところ、それがオリジナリティの崩壊につながるのかもしれない。

原点に戻ることで、“振り幅”を確認
今の自分の立ち位置を再認識する

原点と位置付けるキャットストリートで、7年前のジョージはどんな人物だったかを聞いてみた。これが、結構ヤバかった。

「全身アメアパでしょ?超短パンにタンクトップ、でハイソックスですよ。今やってたら完全にヤバい奴ですよ(笑)」

おどけてみせるが、話の最中もつねに右に左にジョージの視線は留まることがない。それが一番印象に残った。歩いている時でも無意識に道行く人のファッションを目で追い、修学旅行生が群がるショップに注目したり。“足で稼ぐリアル”が染み付いている。今回初めて訪れたTRUNK (HOTEL)にテンションが上がったと思えば、さんざん通ったというフードトラックの店主に気さくに話しかけたり。軽やかなバランス感覚も間違いなく彼の魅力だ。

633c0088c276588a874d461e7dcbcc4721c4d675

You never know.
どんなことが起こるかは、誰にも予想できない。

こう語る一方で自分の中に湧き上がったイメージを確実に実現させるエネルギーの持ち主。「有言実行が永遠のモットー」は、ジョージの成功体験を知るだけでも、裏付けとして十分すぎる。

自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
選考から落ちないためにも、履歴書の第一印象を強くさせたいと思いますよね。そこで、海外の人気ビジネスサイトのInc.から、会社が履歴書で「会いたい」と思うよ...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
「SON OF THE CHEESE」「BY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体現...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
「Microsoft」と「LinkedIn」が発表したのは、履歴書を効率良く作成するための新機能。Wordで打ち込みながら、参考にできる成功者の履歴書を確...
仕事を探している時、履歴書を書いて自己表現するのは、私たち人間にとっては当たり前のこと。しかし、犬が同じことをしてみたらどうだろう。これが意外にオモシロか...
あこがれの街。
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
「ルームメイトがプロムのパートナーを探しているの!」とある女の子のFacebookポストに、とびっきりクリエイティブな方法でアピールをした大学生がいます。...
4月からの新生活で、慣れ親しんだ街を離れることになってしまった人も多いはず。「Elite Daily」のライターSarah Coleさんは、26歳のときに...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
2015年9月1日、広島県が「世界初」の手法で地域PRを始めました。何が初めてって、その“視点”。にゃんと、ヒトではなく、ネコの目線で街の魅力が紹介されて...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...