宇治市のPR動画は、懐かしの「横スクロールアクションゲーム」だ

多くの自治体が、観光動画の制作に躍起になっている昨今。もはやPRの常套手段と言ってしまっていいほど、異常な盛り上がりを見せています。

だからこそ、並大抵の内容では埋もれてしまうのも確か。初期なら通用していたかもしれないけれど、単に美しい風景を見せる、タレントを起用するといった方法では物足りない。僕を含めて、見る側の目は相当肥えていると言っていいでしょう。

でもこの作品は、そんな“ハードルの高さ”をものともしませんでした。

『宇治市〜宇治茶と源氏物語のまち〜』

「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロールアクションゲーム。世界遺産を含む実際の名所、名産品をモチーフにしたストーリーによって、間接的に市の魅力を訴えるという仕掛けです。

冒険の目的は、謎の大魔王にのっとられた宇治市を、平安貴族になって取り戻すこと。そのためにはまず、「宇治のカケラ」を3つ集めなければならないのだとか。

さあ、ゲームスタート!
とはいえ、突っ込みどころがたくさん。
それが面白いんですけど(笑)。

まずは、第一ステージ「萬福寺」の紹介から。

頻繁に「観光ボランティア」が登場し、名所の説明をしてくれます。と、ここまでは、いたってマジメ。

突然、カイパン(開梛)からの攻撃

マリオの土管的な扱いは、
宇治茶の「湯のみ」

何もしていないのに、ボスが倒れた。
イイ声で「Yes! UJI CITY!」

「宇治のカケラ」をゲット

その後、三室戸寺、宇治橋へ

パンチを繰り出すたび
「宇治!宇治!」と気合を注入

貴族の姿は、もはやザンギエフのよう。

ときには、ヒップアタックも

「宇治のカケラ」が3つ揃った

「観光ボランティア」がラスボス!?

とんでもない主張を繰り出す

いよいよクライマックス
続きは以下でどうぞ

でも、時間がある人は
やっぱり最初から見てほしい

それにしても、この種の横スクロールアクションゲームは、見ているだけで懐かしい気持ちになります。あなたもきっと、お気に入りの一本に思いをはせるのではないでしょうか?

ちなみに、僕が真っ先に思い浮かべたのは『キャプテンシルバー』。これがまあ名作だったんだよなあ…。

Licensed material used with permission by ujicity
2017年、ゲーム風のPR動画が耳目を集めた京都府宇治市。あれから2年、『宇治市〜宇治抹茶と源氏物語のまち〜』がスマホゲームになって帰ってくる!
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...