宇治市のPR動画は、懐かしの「横スクロールアクションゲーム」だ

多くの自治体が、観光動画の制作に躍起になっている昨今。もはやPRの常套手段と言ってしまっていいほど、異常な盛り上がりを見せています。

だからこそ、並大抵の内容では埋もれてしまうのも確か。初期なら通用していたかもしれないけれど、単に美しい風景を見せる、タレントを起用するといった方法では物足りない。僕を含めて、見る側の目は相当肥えていると言っていいでしょう。

でもこの作品は、そんな“ハードルの高さ”をものともしませんでした。

『宇治市〜宇治茶と源氏物語のまち〜』

Af29e9d91ee7176adb3c561ce9fe00afbb6bd1f0

「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロールアクションゲーム。世界遺産を含む実際の名所、名産品をモチーフにしたストーリーによって、間接的に市の魅力を訴えるという仕掛けです。

46315400154dd7ad220510f49a9d018ea34557d08470e8fb059013e9196c1cea0498e6488a4fc98e

冒険の目的は、謎の大魔王にのっとられた宇治市を、平安貴族になって取り戻すこと。そのためにはまず、「宇治のカケラ」を3つ集めなければならないのだとか。

さあ、ゲームスタート!
とはいえ、突っ込みどころがたくさん。
それが面白いんですけど(笑)。

730b8de660e4237b51b8e3db7829bac60f4b554341333978814ba143b59cd705299cbff1bc545330

まずは、第一ステージ「萬福寺」の紹介から。

8b48635a20a08f4f69b93af483ff1e999283920f

頻繁に「観光ボランティア」が登場し、名所の説明をしてくれます。と、ここまでは、いたってマジメ。

突然、カイパン(開梛)からの攻撃

216cfde8f030930dee828b838a516d548515c977

マリオの土管的な扱いは、
宇治茶の「湯のみ」

Ac693335f512ccffc076c682dfae9f4e94397b0f

何もしていないのに、ボスが倒れた。
イイ声で「Yes! UJI CITY!」

9438d6351c2a07549602bc8f2bc6514ff5c0f31c

「宇治のカケラ」をゲット

8db3add378c69a377fc0bf21e3f974d4abc258ed

その後、三室戸寺、宇治橋へ

Ac771b974e0446814334e932af095149614d7c1b

パンチを繰り出すたび
「宇治!宇治!」と気合を注入

3f5f5e47c3ef9c8cfc3011963f6f7744493e2f55

貴族の姿は、もはやザンギエフのよう。

ときには、ヒップアタックも

5cea7c983f19175335c4a396a9edb1d0a752102c

「宇治のカケラ」が3つ揃った

1b6b8f1482eb346a4e67abcc39abbeb498216ba8

「観光ボランティア」がラスボス!?

13d9914a81e8bac93edd6fe782b718f961f72b5c

とんでもない主張を繰り出す

F244d04f63b5a78a456465eefa8a689cf5e802bc05978375a28668d527345b62a63d30b618b60132

いよいよクライマックス
続きは以下でどうぞ

でも、時間がある人は
やっぱり最初から見てほしい

それにしても、この種の横スクロールアクションゲームは、見ているだけで懐かしい気持ちになります。あなたもきっと、お気に入りの一本に思いをはせるのではないでしょうか?

ちなみに、僕が真っ先に思い浮かべたのは『キャプテンシルバー』。これがまあ名作だったんだよなあ…。

Licensed material used with permission by ujicity
戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?動画はゲームのように...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
スウェーデンのデザイナーのLove Hulténが木からつくりだすのは、懐かしさと新しさが同居するガジェットたちだ。温もりたっぷりの木製なのにちゃんと遊べ...
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
ときにはちょっと危なっかしい場面も。でも、大興奮のバトルの様子には思わず笑みがこぼれてしまいます。ぜひ、動画見てみて!81歳の誕生日に、集まった家族がVR...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
鹿児島県のPR動画といえば、以前にTABI LABOでも取り上げたように、その圧倒的なクオリティの高さで有名だ。昨年公開された「KAGOSHIMA Ene...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
スマホでゲームもできますが、一緒にやる人がいないとできないカードゲームって、なんだかアナログで懐かしかったりします。みなさんもご存知の神経衰弱。最近では、...
「史上最も影響力のあったゲーム」の第1位に選出される『スーパーマリオブラザーズ』。飛んで、跳ねて、踏んづけて、ときに輝きながら無敵の強さを発揮する。だが、...
アムステルダムから南へ電車で約1時間、ブレダーという街にその元刑務所を舞台とした「Prison Escape」があります。週末を中心に定期的に開催される脱...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
アメリカの動画メディアのCutが挑戦者たちに「10人から5組のカップルを当てる」というシンプルなルールのゲームを決行。似た者同士を組み合わせてみたり、ペア...
「VRメガネ」をつけてゲームや動画を楽しむ人が増えました。ここで紹介する動画作品は、VRメガネがレンズ型へと進化した未来を描いたSF作品。最後に待っている...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...