何度でも訪れたくなる、京都の魅力【まとめ6選】

どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運ぶ人がいるほど。

シルバーウィークや秋深まる紅葉のシーズンに合わせて、旅行の予定を立ててみては?

01.
「茅葺き一棟貸しの宿」で
里山の魅力を体感

D8c44278f6c6519c3c42123800f62096066b8b79

里山の広大な風景が広がる京都府・南丹市美山町。「美山FUTON&Breakfast」は、まるでその土地に暮らしているかのように宿泊できる、茅葺き一棟貸しの宿なのです。

「古来の日本人が表現した芸術である茅葺きの魅力を、自身の感性で体感してほしい」

そんな願いを込めて、茅葺き職人がプロデュースした3タイプの宿は、開放感があり、ゆったりとした里山の時間を堪能できるだけでなく、アクティビティも充実。

サイクリングツアーや、おそらく世界にたったひとつであろう、茅葺きの屋根裏で体験するアロマトリートメントなどが用意されているんだとか。

→詳しい記事はこちらから。

02.
クラフトビールが楽しめる
京都の「町家バー」

D86de8ef362ecf3f4083afcd0de7cbfa59c6e2d0

京都市のほぼ中心に位置する、烏丸御池。2016年5月にオープンした「BEFORE9」は、「古い町家を再生し、日本の手作りの酒を楽しむ場を提供したい。そして、世界中の人たちが自然と輪をなし繋がっていってほしい──」、そんな思いから始まったのだそう。

楽しめるのは、趣向を凝らした日本酒、創作料理、そして地元京都や全国から集められた常時8種類のクラフトビール。内容はその時々で多少変わるそうなので、訪れるタイミングによって新しい一杯に出会えるかも。

→詳しい記事はこちらから。

03.
ほろ酔いかき氷
「みぞれ山崎」って?

201a7db9b31e5900ebde45ba3ff05faf1e056acd

「みぞれ山崎」は、サントリーシングルモルトウイスキー山崎を使用した、かき氷。添えられたレモンの酸味と優しい甘みの自家製シロップが、個性的な深みのある「山崎」の味わいを引き立てるそう。炭酸水をかければハイボールとしても楽しめる、真夏の夜にぴったりの新感覚デザートです。

そんな「みぞれ山崎」が味わえるのは、鴨川が一望できるルーフトップガーデン「空床」で、9月末ごろまで。古都の風情を感じながら、ちょっと大人な夜が体験できます。

→詳しい記事はこちらから。

04.
「京都観光は5回以上」
という人だけに
お薦めしたい宿

1fa03cc8c2cc5b52edbb6a77845265f768288db7

名所旧跡は数えきれず、何度訪れても楽しめる京都。そんな京都に「5回以上訪れている人」に向けて紹介したいのが、二条城近くに位置する『RAKUTOKO』。Airbnbで貸し出されているこの宿は、華美な装飾がされていないリアルな町屋そのもの。

「SAKURA」と「UME」と名付けられた2つの部屋は、どちらも生活感のある電化製品などを極力控えたミニマルな空間で、“住み心地”が良さそう。国内でも盛り上がりを見せている民泊。京都に多く訪れているからこそ、「暮らすように旅する」というスタイルを楽しんでみては?

→詳しい記事はこちらから。

05.
ノスタルジックな
「海に浮かぶ町」とは?

3b35c4598d37b01ab45534e28534445af61a3d22

京都の与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、この地区独特の伝統的建築物である「舟屋」と呼ばれる民家が建ち並んでいます。

まるで海に浮かんでいるかのような幻想的な街並みは、ここでしか楽しめない絶景。京都市・大阪市から車で約2時間半と、決してアクセスがいいとは言えませんが、足を運ぶ価値はありそうです。

→詳しい記事はこちらから。

06.
英国の雰囲気たっぷり
おとぎ話に出てきそうな
「ドゥリムトン村」

92edebc67a885705336c71e0248d317e3c5ff3c7

まるでイギリスの田舎町のようなこの村があるのは、なんと日本の古都京都。亀岡市の「ドゥリムトン村」は、牧歌的な風景が魅力の小さな村です。

名前には、「DREAM TOWN(夢見る場所)」という意味が込められているのだとか。ここなら、本格的な英国気分を満喫できそう。

→詳しい記事はこちらから。

「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
京都府南丹市美山町にある「美山FUTON&Breakfast」は、まるでその土地に暮らしているかのように宿泊できる、茅葺き一棟貸しの宿。古来の日本人が表現...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...