京都に行ったら立ち寄りたい「クラフトビールブルワリー」が、またひとつ。

京都の錦市場は、京の台所とも呼ばれ、食べ歩きスポットとしても人気。

そんな「食」に力を入れているエリアのすぐ近くに、様々なビールづくりに挑戦するスプリングバレーブルワリー京都がオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。

「6種類のビールそれぞれに合わせたおつまみが楽しめるペアリングセット」は、カラフルでいろいろなタイプのクラフトビールが一度に味わえる看板メニューですが、新店舗の京都では、これまでにない「和クラフト料理」も用意されているとのこと。

食べ歩きの締めくくりに、クラフトビール片手にいかが?

築100年の町屋を
リノベ

この町屋の外観は「総二階」と呼ばれ、明治後期から大正にかけて建てられた様式。築100年ほどの町屋をリノベーションしたそうです。

文明開化が進み、日本が近代化する中で建てられた建築物ですが、これはちょうどスプリングバレーブルワリーの生みの親、ウイリアム・コープランドが生きた時代でもあり、そのマインドを形にしたような場所。

「京都ならでは」を
味わいたい

メインとなるビールは、6種類の定番「SVBコアシリーズ」を中心に、季節限定のものなど、飽きることのない品揃え。

とくに期待が高まるのが、京都産の原料を使ったビールや、地元クラフトブルワリービールのゲストタップ。今、京都にはたくさんの醸造所ができています。まさに温故知新を体現したような地ビールは、きっと観光の疲れを癒やしてくれるはず。

フードメニューにもこだわりあり。旬の和素材を大胆にアレンジし、カテゴリーや国籍に縛られない創作「和クラフト」料理は、きっとビールとの相性も抜群。

オープンは、9月7日(木)。この季節の京都は石清水八幡宮の石清水祭や、豊国神社の例祭・献茶祭などがあり、多くの観光客が訪れます。

おいしいビールと料理は、旅行をもっと思い出深いものにしてくれるはず。

スプリングバレーブルワリー京都
(SPRING VALLEY BREWERY KYOTO)

住所:京都市中京区富小路通錦小路上る高宮町587-2
定休日:無休(年末年始除く)
営業時間:11:00〜23:00(フードLO22:00、ドリンクLO22:30)
席数:134席(本館102席、別館20席、中庭12席)
ビールタップ数:34タップ
(※2017年8月7日 0:00より、サイトからのディナータイム予約受付を開始予定)

Licensed material used with permission byスプリングバレーブルワリー
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
53杯のクラフトビールを飲みながら、東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。愛知県に入ったのは、日本橋を出発してから12日目の...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...