山椒、檜、玉露… “京都ドライジン”の香りを演出する「和のもの」たち

少し前のことだ。お酒好きの友人が「いいから、これ一度飲んでみて!」と、大発見をしたというようなテンションでLINEをしてきた。“何ごとか?”と思いながら話を聞いていると、「季の美 京都ドライジン」というお酒がとにかくおいしかったらしい。お値段は700mlで5000円。けっこういい値段ということもあって一旦保留にしていたんだけど、その後何度も何度も言ってくるので、ついに、この前新宿伊勢丹(販売店はHPへ)まで行って買ってみた。

「いい香り...(だけど、なんかこれまで味わったことがないような?)」。

という私のコメントでは細かいイメージまで伝わらないだろうから、ここで、公式のテイスティングコメントを紹介する。 

京都の山々の神聖な空気のような透明感。瑞々しい柚子のアロマ、そして山椒が竹林に漂う霧のように降り注ぎます。ジュニパーが和のフレーバーにうまく溶け込みフィニッシュにかけてジンジャーのスパイスが顔を出します。

なんとなく、雰囲気をおわかりいただけただろうか。

繊細で、でも複雑で。
そんな味わいを演出するのは

ここまでの段階で、少しネタバレしてしまっているのだが、「季の美」には、けっこう意外なものが入っていたりする。ここで一挙紹介する。

 

■礎/ジュニパー、オリス、檜

ここが全体の半分を占め、味わいの骨格を形成する。

■柑/柚子、レモン

日本国外ではほとんど栽培されていない日本固有の柑橘「柚子」で、他のジンにはない個性を表現。

■凛/山椒、木の芽

オリエンタルでアロマティックな芳香を放つ「山椒」は、香味をしっかり引き締める。

■辛/生姜

「生姜」のジューシーさ、ピリッとした辛さが、味わいを一層複雑なものにする。

■芳/笹、赤紫蘇

全体にフルーティ&フローラルさをプラスする、名脇役のような存在。

■茶/玉露

宇治の茶を使用。日本らしい芳香とほのかな甘さを与え、すべてのボタニカルを上品にまとめあげる。

 

そして、これらは、上の6つのグループごとに別々に蒸溜される。そうすることで、個々のボタニカルの個性を最大限に引き出せるのだそう。こんな手間のかかる方法をとっている蒸溜所は世界的にもそうそうないという。「雅」と表現するのがふさわしい「季の美」の味わいは、選びぬかれた11種類のボタニカルと、独自の製法から生み出されているのだ。

もうひとつ、
忘れてはならぬ日本の恵み
「ライススピリッツ」

世界で蒸溜されているほとんどのジンの原酒は、小麦や大麦といった穀物などをベースとした「ニュートラルスピリッツ」を使用するという。「季の美」の場合はここに、「ライススピリッツ」が使用されている。お米ならではのほのかな甘みとマイルドさ・・・。「季の美」特有の柔らかさを出すために「ライススピリッツ」はもっとも重要な原料のひとつなのだ。

東京でも大阪でも
北海道でもなく、なぜ京都?

「季の美」の雅な世界観は、味わいだけにとどまらない。ボトルには、日本で唯一江戸時代から続く唐紙屋を継承する「雲母唐長」が文様監修したデザインがほどこされる。

 

 そして、ここまででお伝えしていなかったが、そもそも「季の美」をつくっているのは、2016年に誕生した日本初のジン専門の蒸溜所「京都蒸溜所」。数ある日本の名所のなかから京都を生産の拠点に選んだのだが、“どうして京都なのか?”の答えはいたってシンプル。

「それは京都でしか成し得なかったから」

京都、そして街に根付く歴史への誇りという潜在的な感覚こそ、京都蒸溜所がジンで表現したいこと。「雲母唐長」をはじめ、数百年来この街で受け継がれている織物や陶芸などの数々の伝統は、この街から得られる人々のインスピレーションが支えている、と京都蒸溜所は考える。

そんなクラフトに適した場所で、厳選されたボタニカルや地元の原料、伝統文様など「和のもの」たちが融合し、唯一無二のジンができるのだ。

いつか、京都の人々が、過去千有余年に渡る京都の伝統のひとつとして受け入れてくれることを夢見て、京都蒸溜所はこれからもジンを蒸溜し、思いを表現していく。

Licensed material used with permission by 季の美 京都ドライジン
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...