もうすぐ日本で飲める!「世界一のクラフトジン」を一足先に味わいました

フィンランド大使館が主催するヘルシンキのプレスツアーで、“次にくる”クラフトジンに出会った!

「ARCTIC BLUE GIN」。

昨年、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPIRIT OF THE YEAR」で頂点に輝いたフィンランド発のクラフトジンだ。

創立者に話を聞いて、伝えたいことはたくさんある。でも、気になるのはやっぱり味でしょ?

というわけで、とにもかくにもテイスティングの感想から!

ボタニカルがすぎる!
魅惑のエレガントな薫り

©2019 NEW STANDARD

「やっぱりロックかな!」

オススメの飲み方を聞くと、5名いる共同創立者のひとり、ミッコ・スプーフ氏は即答した。言われた通り、ここはROCKでGO!

飲んでもらったTABI LABOメンバーが口を揃えたのが「かおり」の華やかさ。ボタニカルがすぎる!ふんわりとかじゃなく、しっかり。エレガント。漢字で書くと「香り」より「薫り」のほうがしっくりくる感じ。

口当たりも、かなりなめらか。スッと入ってくる。飲んだあとの余韻も強い。それでいて、お酒!って感じはそれほどないから、苦手な人でも飲みやすいのは間違いない。

とにかく、これまでのジンのイメージとはまったく違う!

「早朝の森」の薫りを閉じ込める
新たな蒸留方法

じつは、ポイントである「薫り」は、商品コンセプトそのものを体現している。

「ARCTIC BLUE GIN」が誕生した背景はこうだ——。

あるとき、ミッコ氏は出張帰りにフィンエアーの機内誌を読んでいた。目に留まったのは「フィンランドの観光ビジネス」に関する記事。人々がフィンランドを訪れる大きな理由は、森や水などの「自然」だというのに、なぜそれを象徴するお酒はないのか?その疑問が出発点になった。

とにかく、フィンランドの豊かな自然の薫りを表現したい。

その一心で専門家を集め、まったく新しい蒸留方法を開発。詳しくは教えてもらえなかったが、「早朝のフィンランドの森」をイメージした薫りを閉じ込められるようになったという。不純物も丁寧に取り除かれているから、「ちゃんと水さえ飲めば、二日酔いは絶対に起こさない」と氏は強調する。

「世界一を獲るまでリリースしないと決めていた」

©2019 NEW STANDARD

正式リリースは今年3月。「THE SPIRIT OF THE YEAR 2018」で世界最高の称号を獲得した後のことだ。

「順番が逆では?」と思ったが、世界一が獲れるまでは世に出さないという覚悟のもと開発をスタートしたという経緯を聞いて納得。中身同様に、フィンランドの豊かな自然を表現したボトルデザインも相当なこだわりようで、近くだと木目、遠くだと波のように見える。ムンクの『叫び』にもインスパイアされたらしい(たしかに!)。

さて、最後に朗報。

現時点では日本国内での取り扱いはなく、今回はヘルシンキの空港で調達した。が、11月26日(火)には、「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」内の「ルージュ バー」にて日本展開がスタート。来年には特定の酒販店での購入も可能になる予定だ。

フィンランドの魅力がギュッと凝縮されたクラフトジン、ぜひ体感してほしい!

Top image: © 2019 NEW STANDARD
日本で購入できる世界のこだわりが詰まったクラフトジン5選。クラフトジンブームの背景と、フィンランド、フランス、オーストラリア、日本から厳選したとっておきの...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
酔うためではなく「ととのえる時間に寄り添う」というコンセプトのクラフトジン「HOLON」が誕生。応援購入サービス「Makuake」限定でテストバッジが味わえる。
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
先日、ニューヨーク市マンハッタンにある「グランド・セントラル駅」に“世界でもっとも高価なインスタレーション”が設置。一見、ただの紙切れが渦巻いているように...
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
日本酒造りの過程で廃棄される酒粒やビールから作った、新感覚のクラフトジンを提供する「エシカル・スピリッツ」が、東京・蔵前に蒸留所を開設。極めて香り高いクラ...
コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
米「CIA」がUFOに関する機密情報を公開した。このたび公開された700を超える文書は、機密ファイルがまとめられているサイト「The Black Vaul...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
クラフトジンの人気が加速するなか、爽やかな秋田杉の香りを楽しめるジンが登場。今週25日に「秋田杉GIN」が全国で発売される。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
発売後即完売となったアイランドジン。沖縄の恵みが詰まっています。
クラフトジンが200種類以上 ナチュラル素材の自家製料理やお酒が楽しめるお店GOOD MEALS SHOP〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目25-5...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
南オーストラリアの小さな島「カンガルー島」生まれのスピリッツブランドがワイルドローズマリーを使用した「O GIN」とスパイシーなフレーバーの「WILD G...
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...