もうすぐ日本で飲める!「世界一のクラフトジン」を一足先に味わいました

フィンランド大使館が主催するヘルシンキのプレスツアーで、“次にくる”クラフトジンに出会った!

「ARCTIC BLUE GIN」。

昨年、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR」で頂点に輝いたフィンランド発のクラフトジンだ。

創立者に話を聞いて、伝えたいことはたくさんある。でも、気になるのはやっぱり味でしょ?

というわけで、とにもかくにもテイスティングの感想から!

ボタニカルがすぎる!
魅惑のエレガントな薫り

©2019 NEW STANDARD

「やっぱりロックかな!」

オススメの飲み方を聞くと、5名いる共同創立者のひとり、ミッコ・スプーフ氏は即答した。言われた通り、ここはROCKでGO!

飲んでもらったTABI LABOメンバーが口を揃えたのが「かおり」の華やかさ。ボタニカルがすぎる!ふんわりとかじゃなく、しっかり。エレガント。漢字で書くと「香り」より「薫り」のほうがしっくりくる感じ。

口当たりも、かなりなめらか。スッと入ってくる。飲んだあとの余韻も強い。それでいて、お酒!って感じはそれほどないから、苦手な人でも飲みやすいのは間違いない。

とにかく、これまでのジンのイメージとはまったく違う!

「早朝の森」の薫りを閉じ込める
新たな蒸留方法

じつは、ポイントである「薫り」は、商品コンセプトそのものを体現している。

「ARCTIC BLUE GIN」が誕生した背景はこうだ——。

あるとき、ミッコ氏は出張帰りにフィンエアーの機内誌を読んでいた。目に留まったのは「フィンランドの観光ビジネス」に関する記事。人々がフィンランドを訪れる大きな理由は、森や水などの「自然」だというのに、なぜそれを象徴するお酒はないのか?その疑問が出発点になった。

とにかく、フィンランドの豊かな自然の薫りを表現したい。

その一心で専門家を集め、まったく新しい蒸留方法を開発。詳しくは教えてもらえなかったが、「早朝のフィンランドの森」をイメージした薫りを閉じ込められるようになったという。不純物も丁寧に取り除かれているから、「ちゃんと水さえ飲めば、二日酔いは絶対に起こさない」と氏は強調する。

「世界一を獲るまでリリースしないと決めていた」

©2019 NEW STANDARD

正式リリースは今年3月。「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で世界最高の称号を獲得した後のことだ。

「順番が逆では?」と思ったが、世界一が獲れるまでは世に出さないという覚悟のもと開発をスタートしたという経緯を聞いて納得。中身同様に、フィンランドの豊かな自然を表現したボトルデザインも相当なこだわりようで、近くだと木目、遠くだと波のように見える。ムンクの『叫び』にもインスパイアされたらしい(たしかに!)。

さて、最後に朗報。

現時点では日本国内での取り扱いはなく、今回はヘルシンキの空港で調達した。が、11月26日(火)には、「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」内の「ルージュ バー」にて日本展開がスタート。来年には特定の酒販店での購入も可能になる予定だ。

フィンランドの魅力がギュッと凝縮されたクラフトジン、ぜひ体感してほしい!

Top image: © 2019 NEW STANDARD
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
クラフトジンが200種類以上 ナチュラル素材の自家製料理やお酒が楽しめるお店GOOD MEALS SHOP〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目25-5...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
スキットルズを“飲める”ようになります!
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...