「ととのう」がテーマの「クラフトジン」

酔うためではなく「ととのえる時間に寄り添う」というコンセプトのクラフトジンが誕生した。

©Makuake

各々が飲食の世界で活躍するミレニアル世代のチームにより、新しいお酒との付き合い方を提案するべく開発されたジンの名称は「HOLON」。由来は、古典ギリシア語で“全体”を意味する言葉だ。

そこには、開発するうえで大事している「ちょうどいいバランス」を発見していくという価値観が込められているのとのこと。

ストイックさを追い求めるわけでもなく、刹那的に酔いどれるわけでもなく、日本的な視点から生まれたニュートラルな価値観を発信していくプロダクトとして、クラフトジンで表現している。

©Makuake

「HOLON」に閉じ込められているのは、「清み」「くつろぎ」「巡り」をそれぞれイメージした、ひとり時間に寄り添う「香り」。

忙しい現代人にも味わってもらうことで、自身を整える時間のよきパートナーとしてお酒との関わりを再発見できるのではないか。

正式なリリースは今春に発売予定で鋭意準備中なのだが、応援購入サービス「Makuake」限定でテスト段階のプロダクト「HOLON 00(200ml)」100本を来月21日まで展開中。

ひと足早く、クラフトジンで「ととのう」体験はいかがだろう?

©Makuake

『HOLON』
【購入ページ】https://www.makuake.com/project/holon/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本で購入できる世界のこだわりが詰まったクラフトジン5選。クラフトジンブームの背景と、フィンランド、フランス、オーストラリア、日本から厳選したとっておきの...
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
日本酒造りの過程で廃棄される酒粒やビールから作った、新感覚のクラフトジンを提供する「エシカル・スピリッツ」が、東京・蔵前に蒸留所を開設。極めて香り高いクラ...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
クラフトジンの人気が加速するなか、爽やかな秋田杉の香りを楽しめるジンが登場。今週25日に「秋田杉GIN」が全国で発売される。
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
クラフトジンが200種類以上 ナチュラル素材の自家製料理やお酒が楽しめるお店GOOD MEALS SHOP〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目25-5...
南オーストラリアの小さな島「カンガルー島」生まれのスピリッツブランドがワイルドローズマリーを使用した「O GIN」とスパイシーなフレーバーの「WILD G...
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
銀座のバーツール専門店「BAR TIMES STORE」から、ジンやウォッカ、ウイスキーなどのスピリッツを注ぐだけで手軽に「漬け込み酒」ができる専用キット...
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
『ミレニアル世代』と実際に向き合ってみると、様々な想いや言葉を持っていたんです。それがとっても印象的なものが多い。彼らを理解できたら、もっと楽しくなるんじ...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
世界で初めてのタガメを使用したクラフトジン「First Essence Tagame Gin」が商品化された。
食べたいときに、たった3分で本格カレーが食べられる。「ザ・クラフトカレー」。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。