世界の建築家たちが本気で「ジンジャーブレッドの街」を作成

昨年12月8日から2019年1月6日のホリデーシーズンも含んだ時期。ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館にて展示されたのは、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街。

世界に名を馳せる建築事務所「Zaha Hadid Architects」や「Foster + Partners」、「PLP Architecture」などに所属する建築家たちが、設計を手がけました。

60以上の“建築物”が公開され、なかにはスマートシティのような姿で、そのまま中東あたりにつくられそうな出来栄え。

材料はジンジャーブレッドというクリスマスなどでよく食べられる英国伝統のお菓子ではあるのですが、建築家たちにとっては未来の街を想像する“資材”なのかもしれませんね。

©2018 Luke Hayes
©2018 Luke Hayes
©2018 Luke Hayes
Top image: © 2018 Luke Hayes
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
お菓子の家が現実になってロンドンに期間限定オープン。宿泊予約サイト「Booking.com」はクリスマス限定の特別に造られたお菓子の家の予約を開始した。
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。