「壁に寄生する小さな家」英26歳建築家の革新的なアイデアで救われる人々とは・・・?

「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思いやり、いたわる気持ちで彼らのことを考える。自分にとっての責務だという思いがありました」

これは、イギリス人建築家のJames Furzer氏が、メディア「Upworthy」の記事の中で語った言葉。2015年7月、「FAKRO国際デザインコンペティション」で最優秀賞を獲得した彼のコンセプトは、他でもないホームレスのためにあった。 スクリーンショット 2015-08-08 16.53.05 イギリスの犯罪学調査レポートによると、現在、ロンドンだけでもおよそ6,500人以上のホームレスが毎夜、路上で一夜を明かしているという。彼らが暴力犯罪の被害者となる確率は、一般の人のおよそ13倍、盗難に遭う確率では約47倍だとか。 こうした、犯罪を未然に防ぎ、天候の影響もなく安心して眠ることができる家をつくりたい。Furzer氏の発想から生まれたのが、この「Parasitic Pod」だ。意訳すれば“寄生する格納庫”とでもいったところか。 スクリーンショット 2015-08-08 16.54.06 写真でもお分かりのように、一見、建物から突き出した出窓は、サンルームのようにも思える。ところが、この「Parasitic Pod」は、他人の壁を間借りして簡易キットを設置する1人用の住まい。しかも、どんな建物の側面にも設置が可能だそう。そこが、この住居のパラサイトたるゆえんでもある。
宙に浮いた格好の住居への入出方法は、床面に設置されたはしごを使って。採光もしっかりと確保され、広々とした内部は、大人ひとりが生活するのには十分なスペースだ。 スクリーンショット 2015-08-08 16.53.18 スクリーンショット 2015-08-08 16.53.31 Furzer氏の「Parasitic Pod」は、ホームレスの安全を確保するシェルターとしてすでに、多くの慈善団体が地域への寄付を申し出ているそう。 ロンドンの街並に、ビルの壁から突起する寄生小屋が共生する日も、そう遠くないのかもしれない。 スクリーンショット 2015-08-08 16.52.52 ちなみにFurzer氏は、ロンドン王立公園のひとつ「グリーン・パーク」の水飲み場のデザインなども手掛けるなど、彼の作品はロンドン各所で目にすることができる。ロンドンを訪れる際は、氏のホームページをチェックしてみてはいかがだろう。

Reference:Upworthy
Licensed material used with permission by James Furzer

他の記事を見る
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、破格の調達金を得たトラベルアイテム。その名も「CleanseBot」。集めた額は、なんと約1億700...
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
小さな空間を贅沢な別荘にするために、オーナーである建築家が考えた工夫とは?今回は、巻き上げ式ベッドや折りたためるテーブルなどの巧みなアイデアで、スペースを...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...