一級建築士に学ぶ、後悔しない家づくりの「5つのヒント」

「家を建てる」というのは、多くの人にとって一生に1度の大切なイベント。家族全員が納得できる家を建てるためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょう。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、家族を幸せにする家づくりのヒントを紹介します。

01.
「動機」や「思い」を
深掘りしていく

Happy Couple Dream New Home

家を建てる理由について、もう一度考えてみましょう。これから買ったり建てたりする人は、どうしてその家を手に入れようと思っているのか、自らに同じ問いかけてみてください。すでに今住んでいる家については、その家でどういう希望を一番成し遂げたいと思ったかを、家族で話し合ってみましょう。

次のその動機を、違う視点からとらえ直すのです。たとえば会社への通勤時間が30分圏内に引っ越すというのを第一の動機にした人は、一見、利便性だけを求めているように見えます。でも、通勤が30分になったら、出勤するストレスも減るし疲れもとれる。そうなれば家に帰っても余力があるし、通勤で時間がとられないぶん、時間を家族のためにたっぷり使えると考えていたりするものです。

一段、そしてまた一段深く考えることで、もともと見ていた動機の基礎に、しっかり幸せな要素が入ってくるはずです。これだけで全く意識が変わってくるでしょう。

02.
幸せな家族が実践している
習慣を身につける

家族の幸せを意識する家にしようと思ったら、細部にまで家族が合意して、共に作り上げたという気持ちを共有することが大切です。

たとえば、男女の性差で視点は大きく異なるもの。男性はどちらかというと全体を見る、女性は手触りや感覚、使い勝手といったところをしっかり見る才能があります。男性と女性、双方の主張が調和した家づくりは、お互いの価値観の違いを認めることから始まります。

また、主張がぶつかった場合は、なぜそちらの方がいいのかという理由を掘り下げて話を聞くこと。そうすると、やはり何か特別な思い入れが出てくることも。多くの場合、子ども時代に住んでいた家の記憶がイメージに大きく影響しています。

歴史の背景が違うからこそ、全然違うところもあるのを尊重し合い、合意をしていくことで具体的な家づくりのイメージができていくのです。

03.
子どもが引きこもらない
家づくりのコツを知る

Family at home.

家作りの相談を受ける中で、非常によく聞かれる質問があります。「子どもが引きこもらないようにするには、どうすればいいですか?」

家族にとって本当にいい家づくりを考えるのなら、リビングルームを家の中でいちばん居心地のいいつくりにして、自然と家族が集まりたくなるような場所にすること。

たとえば家の中でいちばん日差しが入って、景色も眺められて気持ちがいいエリアを、家族みんなが集う場所にします。そこから楽しそうな笑い声が聞こえてきたら、部屋にひとりでいるのがつまらないと思うのではないでしょうか。

子どもが小学生くらいになると親がよくやりがちなのが、「勉強いしなさい」と部屋に追いやることです。これが重なると、思春期の頃に、一人きりになる口実として部屋にこもるようになります。こういうことを防ぐためにも、子ども部屋で勉強させずに家族みんなで勉強や仕事に取り組める場所を作ることをおすすめします。そこで一緒に勉強させていれば、思春期の頃に少し引きこもることがあっても、居心地のいいリビングルーム周辺にまた出てくるようになります。

04.
周辺環境も
生活の一部と考える

家を建てるには、周辺環境も大事な要素のひとつ。そこも含めて住む場所を考えると、より生活がクリエイティブになります。

居住スペースに限りのある街中での暮らしでは、そのぶん充実した施設や共有スペースをいかに利用するかがポイント。発想の転換です。家の中に書斎が作れなければ図書館が書斎だと思えばいいし、近所のおしゃれな喫茶店は、家の中に友人を呼べないときのセカンドリビングルームとして活用すればいいでしょう。

そういった周辺環境を自らの生活の一部に取り込もうという意識が、より成熟した大人の住まい方を可能にしてくれます。土地を買うときには、近隣の環境も生活の一部に組み込んで考えてみましょう。

05.
成功者ほど、
風水を活用している理由って?

good-house3150904-06

表立って言うことは少ないようですが、大きな会社を経営している人や、成功している人は、風水や家相、方位学などをフル活用しています。といっても取り入れ方はさまざまで、それに従う人もいれば、それをひとつのデータとして、自分なりの独自のやり方を生み出して活動するために使っている人もいるのです。

面白いことに、いわゆる一般の方になればなるほど、風水などは迷信で、そんなものを信じること自体にアレルギーがある人が多いという印象です。成功している人がどうして表立って言わないかといえば、他人から怪しいと思われるからという人が多いようです。
風水というのは占いやオカルトではなく、長年蓄積された確率論的な話。先人が積み重ねたデータから確率的に起こる可能性が高いとわかるのならば、無視するよりは、活用するのもひとつの方法になるでしょう。

そのような利用からか、ネットなどにも、成功者が風水を活用しているという情報はほとんど出てきません。私の体験上、彼らのほとんどが必ずと言っていいほど風水などを情報として活用しています。
風水というのは占いやオカルトではなく、長年蓄積された確率論的な話。先人が積み重ねたデータから確率的に起こる可能性が高いとわかるのならば、無視するよりは、活用するのもひとつの方法になるでしょう。

住む人が幸せになる家のつくり方
コンテンツ提供元:サンマーク出版

八納啓造

株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間作り」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に講演活動や執筆活動を行っている。

八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
今まで私はたくさんの家づくりの相談をお受けしてきました。その中で、素晴らしい家づくりをされたご家族・ご夫婦には、特徴的な行動パターンや習慣パターンがあるこ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナブルな...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...