国内唯一の建築模型展示施設「建築倉庫ミュージアム」がOPEN(6月18日〜)

建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。

2016年6月18日(土)にオープンする「建築倉庫ミュージアム」は、スタディ模型と呼ばれる検討用の簡易立体デザインから、完成型の竣工模型までを、保存・保管・修復するほか、展示まで行える国内初の施設となります。

棚にズラッと設置された模型をぐるぐる回遊しながら見て楽しめるとあり、たてものLOVERSにとっては待望の新スポット。

“収蔵庫そのものを展示する”

Eaa5d0c966b6e3967dd1886d59e49f98359d4ea3Cf7c9b5d403237adab931c8e43401404598b3cef704976e9ec493be02de901ff5d7689e316419e41E1a7d7e11f5ff0ee84011758a16688e30d9033dd53431dc7982c7fe373fc6936cf453ad7653df9561fe4d373b446497432401b752c08b6edb45dbcf7

場所は、文化発信の場として注目を集める天王州。保存や保管を目的とする収蔵庫を、そのまま閲覧できるようにしようというのがコンセプト。

各棚には、出展者名に加え、QRコードを記載したパネルが置かれます。タブレット端末やスマートフォン等でスキャンすると、出展者の活動、模型作品の竣工写真や図面などの情報にアクセスできる仕組みに。

2016年6月3日時点の発表によれば、収蔵模型の出展者リストは以下のとおり。

青木淳建築計画事務所
阿部仁史アトリエ
北川原温建築都市研究所
隈研吾建築都市設計事務所
クライン ダイサム アーキテクツ
香山壽夫建築研究所
SANDWICH
シーラカンス アンド アソシエイツ
千葉学建築計画事務所
トラフ建築設計事務所
株式会社日建設計
坂茂建築設計
古市徹雄都市建築研究所
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO + 芝浦工業大学建築学科原田真宏研究室
山本理顕設計工場
Wonderwall®
他。

※50音順。出展者、収蔵模型は変更となる場合があります。

同ミュージアムは、建築模型の集積地となることを目指しており、海外の文化機関と積極的に連携して展示企画等の事業を展開する予定。

羽田空港から15分とアクセスも良いので、建築の未来を育んでいくためにも、定期的に企画展やイベントなどを開催していくそうです。

仕掛けたのは寺田倉庫と一般社団法人日本建築文化保存協会。会場は約450平方メートル、天井高5.2メートルの広々とした空間で、世界最高水準の建築デザインが一同に並びます。建築のうんちくも学べるし、お気に入りのたてものが見つかれば、実際に現地に観に行くという楽しみも増えそう!

【施設概要】

■施設名
建築倉庫ミュージアム
■オープン
2016年6月18日(土)
■住所
東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫本社ビル1F
■電話
03-5769-2133
■開館日
火曜日~日曜日 
■定休日
月曜日
(ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日休)
■開館時間
11:00-21:00(入館は20時まで)
■入館料:大人1,000円、高校生以下18歳未満500円(税込)
■URL
http://www.archi-depot.com
■アクセス
東京モノレール「天王洲アイル駅」より徒歩5分
東京高速臨海鉄道りんかい線「天王洲アイル駅」B出口より徒歩4分
JR「品川駅」港南口より徒歩15分

Licensed material used with permission by 建築倉庫ミュージアム
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
まるで、ホログラムで虚空に映し出されたかのような幻想的な建物。そこに実体がないように錯覚してしまいますが、これはすべて、ワイヤーで組み立てられているのだそ...
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...