建築日数0.25日。つまり6時間で建つ家屋

憧れのマイホームが、なんと6時間で建てられてしまう。それもおよそ360万円ちょっとで。価格はさておき、突貫工事だったとしても建築工期たったの6時間て……眉唾モノですよね。

でもね、動画を見る限り、たしかにあっという間だった!

パタパタパタっと
組み立て式の住居

©M.A.DI. Home
©M.A.DI. Home

基礎を固めてその上に木造でも鉄筋でも骨組みを敷いて、というのが本来の家屋の建てかただと思います。が、イタリア人建築デザイナーが考案した、この「M.A.Di.」という家(と呼んでいいのか)は、まったく新しい概念。

建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。

だって、ツーバイフォーと呼ばれるような木造枠組壁工法ともまったく違い、こちらはたたんだ状態からクレーンで一気に吊り上げちゃえばほぼ完成というものだから(ざっくり言えばですけどね)。

そんな家で大丈夫なんだろうか?

当然不安ですけど、これで造りはしっかりしているらしく、耐震性能もあるんだとか。山小屋のような三角とんがり屋根が印象的なこの家の内部はどうなっているんでしょう。

ライフステージに合わせて
カスタマイズ可能だって!?

©M.A.DI. Home
©M.A.DI. Home

なんでもこのM.A.Di.、いちばんのメリットは好きなようにカスタマイズできることだそう。広さや設備など、必要に応じて組み替えることができるというのです。

広さも27平米から84平米まで、送電装置をつけずに、完全ソーラー対応も可能、もちろん部屋数も可変式。ライフステージに合わせて構造を変え、永く暮らすこともできるっていうのはひとつのメリットですよね。

折りたためば移動も簡単。つまり引越しも楽チン。とは、さすがに行かないでしょうけれど、住み替えではなく家ごと移動ということも不可能ではなさそう。

イベントや災害時にも活躍

©M.A.DI. Home
©M.A.DI. Home

セカンドハウスなんて夢でしかないけれど、夏のあいだ専用のコテージととして、使わないときはたたんで倉庫に。みたいな夢を見てしまいますが、現実的なところ、設置時間の短さから、災害時の仮設住宅としても十分に対応してくれそうですよね。

Top image: © M.A.DI. Home
Reference: M.A.DI. Home
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
3Dプリントのフローティングハウス「prvok」は、チェコ共和国の彫刻家Michal Trpakと建築協会「Stavebni Sporitelna Ces...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
熱狂的なマニアが世界中にいることでも知られている「LEGO」が、ファンのアイデアを商品化する“レゴアイデア”シリーズから実際に弾くことができる精巧なグラン...
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
デンマークの建築事務所「Henning Larsen」は、“建物すべてが木造で建てられた街”を構想中だ。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
以前、「TABI LABO」でも紹介した「資生堂」の「手指消毒液(指定医薬部外品)」の一般発売が決定。この消毒液は、資生堂の知見や技術を活かし「手荒れ」を...
カメラメーカー「キヤノン」と北欧を拠点にするPR会社「Uncle Grey Copenhagen」が不正な写真の使用や誤用を防ぐことを目的とした写真データ...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
暮らし方ではなく、家そのものもエコにしよう。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...