風の通り抜ける学び舎。「森の幼稚園」を知ってますか?

森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっと心が落ち着き、それまでよりも自然体でいられるのです。いま、「森の幼稚園」という試みが、世界中に広まっています。

豊かな環境で、
教育を受けること

「森の幼稚園」は、1950年代にデンマークで生まれた、一年の大半を森の中で過ごすという、新しい幼稚園の在り方です。森には、公園にあるようなカラフルな遊具はありませんが、動物や虫、樹木や花たちが、季節とともに生きています。目の前に広がるそのままの景色が、感性や創造性を刺激し、次々に〈遊び〉という形に生まれ変わるのです。

スウェーデンの風景。右手の銀色の建物が園舎で、裏手には森が広がる。転がったポールや土管などを、どう使い、遊ぶかは自分たちで考える。

スキーウエアを着て、ずっと外にいる子供たち。寒いのなんてへっちゃら。

デンマークの風景。小さな園舎の周りには、たくさんの植物が。花をつんだり、においを嗅いだり、自由に想像力を育める。

インドネシア・バリ島の、
小さな「緑の学校」

インドネシアのバリ島にある「Green School」では、80,000㎡もある敷地に竹で作られた素敵な学校が建てられています。バリに住んでいる地元の人でなくても、外国籍の親の子どもを預かったり、この学校に通わせたいからと、他国からわざわざ移住する人もいるというから驚きです。

竹は、切ってもすぐに生えてくるライフサイクルの早い植物。ブナのように、育つのに時間がかかる広葉樹とは異なり、およそふた月でヤシの木ほどの高さになり、3年ほどで建設に使える植物に成長します。伐採して建設に使用しても、すぐに再生されるので、エコでサステイナブル(持続可能)な材料であるというわけです。

校内の広大なキャンパスには、池や、野菜畑、庭園があり、魚や家畜が飼育されています。右手に見えるのは牛。奥に土のように積まれているのは牛糞です。これを使って堆肥を作り、自給自足のサイクルを作っています。

これは、水圧で発電する装置。ネットの下には、水が渦を巻いています。勢いがついた水は、2.5メートル下の川に落とされ、その勢いでタービンが回され、発電する仕組みになっています。およそ8000ワットの発電能力があるのだとか。

近くの川では、子どもたちが裸になって水遊びをしています。大人たちが監視することもなく、子どもたちだけで楽しそうに元気な声を出しながら遊び、自らリスクの管理しているのです。

自然と共に遊んで、
豊かな想像力を

現代を生きる子どもたちは、スマートフォンやゲーム機器など、人工的に作られたおもちゃに囲まれすぎてしまい、生身のものと触れ合う機会が少ないように思われます。昔の子どもたちは、外へ出て、沢山のことを見て、疑問を持ち、考える事を繰り返すことによって、自由に遊びを生み出していました。自然のなかで様々なことを体験することは、そのまま学びとなるのです。日本では、2015年に鳥取県で「森のようちえん」認証制度が創設され、少しずつ取り組みが広まっています(より詳しく知りたい方はこちらをご参照ください)。

ゆったりと時間が流れる森の幼稚園。遊びのなかで、自分で重ねたさまざまな体験が、生きる力を育みます。

Photo by Taku Hibino
Licensed material used with permission by HIBINOSEKKEI + Youji no Siro
元気に走り回り、すくすくと育つ子どもたちの姿が、その地域にとって、あたたかい希望の光となるような場所。それが、幼稚園のあるべき姿ではないだろうか。子どもの...
世界が注目する、熊本の「認定こども園 第一幼稚園」。この幼稚園の設計を手がけたのは、「HIBINOSEKKEI + Youji no Shiro」。幼児施...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
東京にある「ふじようちえん」や熊本の「認定こども園 第一幼稚園」などなど。近年、学びの場がどうあるべきかを考えさせられる斬新な建築が増えています。ここで紹...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
埼玉県八潮市にある「小倉あさひ幼稚園」は、50周年という節目に園舎を新しく建て替えることにしました。そこに使われたのは、なんと船舶コンテナ。子どもたちの創...
ある日はコックさんに、ある日は憧れのヒーローに、そして、ある日は大好きなママに。たとえ雨が降って外で遊べなくても、豊かな想像力を働かせば、室内遊びはとって...
初めて幼稚園へ行く朝、緊張してスクールバスに乗りたがらない娘のMollyちゃんのために、恐竜の着包みをかぶって喜ばせたお母さん。その姿には地元のメディアま...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
上海の住宅街に建つ幼稚園「∞kindergarten」は、その名の通り、上空から見ると「∞」の形。「∞」の内側にも外側にもグラウンドがあり、スペースを有効...
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
幼児向け知育雑誌『幼稚園』の最新号が攻めていると話題に。付録として登場したのは、なんと「公衆電話」。紙のパーツを組み立てて作る公衆電話には、さまざまなギミ...
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
デンマークの建築事務所「Henning Larsen」は、“建物すべてが木造で建てられた街”を構想中だ。
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...