熊本の幼稚園が、世界中で絶賛されるワケ。「雨水」が建物の中に入ってくる?

世界が注目する幼稚園が日本にあることを、ご存知でしょうか。ここで紹介するのは、熊本にある「認定こども園 第一幼稚園」。
この幼稚園の設計を手がけたのは、「HIBINOSEKKEI + Youji no Shiro」。幼児施設に特化した「HIBINOSEKKEI」の設計チーム。自然と建物が一体となった建物のつくりとそのユニークなコンセプトが、海外のデザインメディア「Spoon & Tamago」や「boredpand」、「Yahoo News」で話題になっています。

new-preschool-2

自然と一体の幼稚園
“雨の水たまり”を屋内に再現

この幼稚園の中庭には開閉式の屋根がついており、雨が降った後に水たまりができるよう設計されています。子どもたちは服や靴が濡れることを気にせず、裸足で遊びます。new-preschool-4
「HIBINOSEKKEI + Youji no Shiro」の幼児施設統括責任者である日比野拓さんは、以下のように語ります。

大雨の後は、中庭に大きな水たまりができるんですよ。まるで子どもたちが遊んでくれるのを待っているかのように

new-preschool-5また、冬には水面に氷が張ることによってスケートリンクとしても利用可能だとか。雪の日には、園舎の中にいながら目の前に雪が降ってくる感覚も体験できます。new-preschool-6晴れの日にはバドミントンやソフトバレーなどを楽しむことも。天候によって遊び方が変わってくるのです。
さらに、中庭には厨房が隣接しており、ランチルームとしても使用可能。オープンキッチンなので子どもたちは、料理をつくる様子を見ることもできます。
屋根や仕切りを極力設けないことで、外と中の空間の境界を曖昧にしているのです。
new-preschool-7

仕切りのない空間が
自由を育てる

また園舎内には固定の物を置くことを避け、その日のカリキュラムに合わせて部屋の形や大きさを変更できるようにしています。さらに入園時に、各家庭に家具を購入してもらい、卒園時には自宅に持ち帰るというシステムを採用。そうすることで毎年自然と家具が新しくなるため、園内をキレイに保つことができるのです。

new-preschool-8建物の外周部には、屋外用スクリーンが設けられており、強い日差しや小雨を遮ることが可能です。

トイレも開放的で
明るく斬新

HIBINOSEKKEI + Youji no Shiroは、「トイレは常に明るく開放的に」という設計方針を持っています。new-preschool-9暗い、汚い、臭いなどネガティブなイメージがつきやすいトイレですが、プライバシーを保ちつつ明るく開放的にすることで、そのようなイメージを払拭しています。
また、紫外線を取り込むことで臭いがこもることなく、清潔な環境を維持することができるそう。new-preschool-10自然と一体になった建物のデザインや、解放されたトイレにオープンキッチンなど子どもが自由に遊び、学べるつくりになっている「認定こども園 第一幼稚園」。
HIBINOSEKKEI + Youji no Shiro曰く、この幼稚園オーナーの想いがあったからこそ、ユニークなデザインとコンセプトになったとか。世界中で
注目されるのも、納得ではないでしょうか 。

new-preschool-3new-preschool-11

All photo by Studio Bauhaus Ryuji Inoue
Licensed material used with permission by HIBINOSEKKEIYouji no Shiro,

熊本県山鹿市在住の宮川さんが撮る風景写真が、かっこよくてかわいくて、時々シュールです。基本スタイルは「宮川さんと柴犬・しじみちゃんの背中@熊本のどこか」。...
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる2017年4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だ...
元気に走り回り、すくすくと育つ子どもたちの姿が、その地域にとって、あたたかい希望の光となるような場所。それが、幼稚園のあるべき姿ではないだろうか。子どもの...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。遡ること約400年前、江戸時代初期に「からしれんこん」は生...
2016年4月14日と16日未明に、熊本と大分を襲った「熊本地震」。あれから1年と約半年。熊本出身者であり、当時、熊本で地震を経験した私の耳にうれしいニュ...
東京にある「ふじようちえん」や熊本の「認定こども園 第一幼稚園」などなど。近年、学びの場がどうあるべきかを考えさせられる斬新な建築が増えています。ここで紹...
この週末、「みずあかり」が開催される。熊本に希望のあかりを——そんなテーマで毎年10月に開催されているこの祭典も、今年で14回目を数える。平成16年から続...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
2017年5月13日(土)〜14日(日)にかけて開催予定の『第一回 ASO ROUND TRAIL』は、全長約105kmに及ぶ九州初となるロングトレイルラ...
森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっ...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
埼玉県八潮市にある「小倉あさひ幼稚園」は、50周年という節目に園舎を新しく建て替えることにしました。そこに使われたのは、なんと船舶コンテナ。子どもたちの創...
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
アメリカ、シアトルにある介護施設は、少し変わった特徴を持っています。施設の中に、幼稚園が併設されているのです!これは高齢者と子どもたちが、もっと触れ合う機...
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
初めて幼稚園へ行く朝、緊張してスクールバスに乗りたがらない娘のMollyちゃんのために、恐竜の着包みをかぶって喜ばせたお母さん。その姿には地元のメディアま...
比較的穏やかな印象が特徴としてある「augment5 Inc.」の映像は、どれも日本の魅力を海外に向けて発信する目的がある。じっと見ているだけで心地良く、...
ある日はコックさんに、ある日は憧れのヒーローに、そして、ある日は大好きなママに。たとえ雨が降って外で遊べなくても、豊かな想像力を働かせば、室内遊びはとって...
「水を知る旅に出よ」。そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。熊本・阿蘇に広がる世界有数...