熊本県天草発「イルカのティーバッグ」が可愛いすぎる

ひと口にティーバッグといっても、いろんなタイプがあります。御守り型の平べったいもの、円形、ピラミッド型、お団子タイプなど。でも、これは斬新。何よりカワイイ!思わずティーポットで泳がせたくなりませんか?

ティーバッグを
イルカ型にしてみたら
想像以上にカワイイ!

detail_1191_1442836759

detail_1191_1443150533

どうです、このイルカのディテールを忠実に再現したティーバッグ。背びれや尾びれだけでなく、イルカの特徴である細い口先もちゃんと表現されています。持ち手の紙が碇なのもこだわりポイント。
このイルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知ってもらおう」と、企業努力の末に誕生したデザインなのです。

「できません」の一点張り
だったら自分たちで作ろう!

detail_1191_1442836937

熊本県天草郡苓北町(れいほくまち)富岡、天草灘が目の前に広がる丘で作られているお茶があります。飲み終わった後に広がる、すっきりとした甘みが特徴の“矢部茶”。この土地でお茶屋を営む「松下園」が、どこにもないイルカのティーバッグを考案しました。

どこのティーバッグ製造メーカーに依頼しても、「できない」と断られ続けた末に、「だったら自社で作ってしまおう!」と果敢なチャレンジに挑んだそう。お茶は作れど、ティーバッグは素人。素材選びや加工方法、試行錯誤の末にようやく形になるまで、半年を費やしたといいます。見た目はもちろん、しっかりと茶葉から抽出できるシェイプにこだわっています。

ブルーの海をイルカが泳ぐ

detail_1191_1442836596

detail_1191_1443157818

こちらは、水色がマリンブルーから紫、さらにレモン汁を入れるとピンクに染まるハーブティーの“ブルーマロウ”。こちらは海の中を泳ぐ、本物のイルカをイメージしています。確かに。でも、抽出中はユラユラさせずに、じっと眺めている方がお茶がしっかりでるんだとか。

現在、商品化に向けてクラウドファウンディング「Makuake」で資金調達中のこのイルカ。こんなかわいいティーバッグなら、ぜひ、淹れたてを誰かに飲ませてみたくなるでしょ?

Licensed material used with permission by Makuake

熊本県山鹿市在住の宮川さんが撮る風景写真が、かっこよくてかわいくて、時々シュールです。基本スタイルは「宮川さんと柴犬・しじみちゃんの背中@熊本のどこか」。...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
2016年4月14日と16日未明に、熊本と大分を襲った「熊本地震」。あれから1年と約半年。熊本出身者であり、当時、熊本で地震を経験した私の耳にうれしいニュ...
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる2017年4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だ...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
ニュージーランドの観光地「ベイ・オブ・アイランズ」でバンドウイルカとの遊泳が禁止となった。理由は「人間がイルカを愛しすぎた」から......。
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
9月中旬、熊本県内に3店舗を展開する「ろじぱん」が海を渡って「ロサンゼルス」に新店舗をオープン。オーナー・藤井さんにお話を伺いました。
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...