外国の友人への「次のお土産」はコレに決まり

世界遺産に登録されてからというもの、日本人だけでなく、外国人観光客にも人気の富士山。たとえ一度も訪れたことがなくても、この山にスピリチュアルなものを感じている人は多く、中には、私たち以上によく知るマニアも。こういう相手には、よくありがちな日本土産では物足りない。

というわけで、あの悠々しく美しい姿をモチーフにしたティーバッグはいかがでしょう?

日本のシンボルをかたどった
ティーバッグ『FUJICHAN』

「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。

一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現したギザギザや、美しい稜線、火口のくぼみ具合までもが忠実に再現。これ、まさしく富士山じゃありませんか!いわゆるピラミッド型のティーバッグとは一線を画すそのフォルムは、このまま飾っておきたくもなります。

日本の良いところを理解してもらうのに、どこにでも売っているような富士山グッズよりは、オンリーワンのセンスの良さを届けたい、ってやっぱり思うんじゃないかな。

タグにもこだわった
日本の伝統美

ところで、とってもカラフルなティーバッグのタグをよく見れば、「竹」「扇」「亀甲」などの文様があしらわれているじゃありませんか。

これは「吉祥文様(きっしょうもんよう)」という伝統柄で、着物や手ぬぐい、茶碗などに使われることが多い縁起モノ。この細部へのこだわりこそ、「お土産」として大切な人にあげるときの、評価ポイントになるはずです。

8個入りのFUJICHANには8種類の吉祥文様が入っていますが、開ける瞬間この文様によって運勢が占える仕組み。富士山だけでなく、日本の伝統文化の奥深さを外国人に印象づける、というこちらの狙いにもバッチリ。こういう遊び心はグッとくると思うけどな。

老舗茶商の厳選茶4種
味比べにも良さそう

もちろん、肝心のお茶にもこだわりアリ。日本有数のお茶処、静岡県の老舗製茶問屋「和田長治商店」で厳選された4種のお茶が2つずつ

高級感のある玉露の棒茶、苦味とコクがある上棒茶、誰にでも飲みやすいオリジナルブレンド茶、香り高いほうじ茶。これくらいのバリエーションがあれば、たとえ、日本茶に馴染みがない人でも、味比べをして好みの味を探しだすといった楽しみ方もしてもらえるはずです。

現在、商品化に向けてクラウドファウンディング「Makuake」で資金集めの真っ最中。外国に住む友人へのお土産に、または、日本へ訪れた友人へのプレゼントとして考えてみてはいかがでしょうか?

Licensed material used with permission by Makuake
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。