日本人も欲しくなる「外国人が心から喜ぶお土産」③

外国の知人や友人へのお土産を「なんとなく、日本っぽいかも」なんて基準で選んではいませんか? 心から友情や愛情の深さを伝えたいなら、まずはあなた自身が「欲しい」と思うものを──。

全国のモノづくりの産地を巡り、日本ならでのセンスとクオリティと“想い”に溢れたオリジナルアイテムを生み出すギフトショップ「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐裕太さんに「外国の方に必ず喜んでもらえて、さらに自分でも欲しくなる日本のお土産」をリコメンドしてもらいます。

オシャレで使えて
「サステイナブル」な扇子

© 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE

外国人に喜ばれるお土産として不動の人気を誇る扇子(せんす)。

木や竹製の骨組みに和紙を貼って和風の絵柄(扉絵)を施したものから、プラスチックや化学繊維の布帛(ふはく)を素材に使用したもの、金箔が施された高価な品やアニメのキャラクターが描かれた一本まで、その種類はじつに様々ですが、海外の大切な友人・知人に贈るなら、カラフルな播州織(ばんしゅうおり)が特徴の「coromo」がお勧めです。

「この『coromo』は、有名なファッションブランドのシャツなどにも使用されている、播州織の希少なヴィンテージの生地を使って作られています。洋服にできるほどの面積が残っていない、廃棄するしかない生地を分けていただき、扇子として蘇らせました」

端切れを使用していることから、同じ色や柄のものがほとんどなく、選ぶ際の“一期一会”の高揚感も楽しませてくれます。

© 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE

数ある染め織り物のなかでも、変色や退色に強いのが播州織の特徴で、これは染色の工程で使用される「水」に秘密があります。

播州織の産地・兵庫県西脇は、国内では珍しい、一級河川が3つも流れるエリア。

染めにはそれら河川の水が利用されるのですが、周辺の地形は起伏が激しく、川の流れが速いことから、水が土壌のミネラルを吸収しづらく軟水になりやすいため、その結果、長年使っても色落ちしづらい染め物になるのだとか。

© 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE

「海外の有名ファッションブランドからも指名買いされる播州織の生地。その生地を使った『coromo』なら、ファッションや流行に強いこだわりをもつヨーロッパの人などにも、きっと喜んでもらえるはずですよ。贈ることで、ファッションから地理・文化まで話題と会話が広がる一本を、ぜひどうぞ」

片桐裕太/「KIRI JAPAN DESIGN STORE」ディレクター

1983年、北海道生まれ。大学卒業後に上京し、セレクトショップ「TOMORROWLAND(トゥモローランド)」に勤務。2010年、羽田空港の国際線の運航開始と同時に『Design Japan Culture』をオープンさせ、2016年、『KIRI JAPAN DESIGN STORE』としてリニューアル後はディレクターとして企画とバイイングを担当。1カ月の半分は日本全国の職人のもとを訪れて買い付けをおこない、店頭では職人から直接聞いた製品への想いやこだわりをお客様に伝えている。
https://kiri-japan.com/

Top image: © 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
私たちが気をつかってしたことも、逆に失礼にあたるかも…!?
アメリカで住みたい街No.1に選ばれて以来、多くの人を魅了してきたポートランド。DIYにスローライフなど彼ら独自のライフスタイルの中から生まれた文化は数多...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、し...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...