日本人、どこでも寝がち。外国人、それを撮りがち。

もう、何度もこういう写真を見ている。

そして、だいたいが外国人フォトグラファーだ。

そして、だいたい彼らはこう言う。「働きすぎのロボットみたいだ」と。

1934d66a07459149efa8d95f5e1623a273dd56ae

それに対して「いや〜、みんな一生懸命働いてるんだし、そこだけ切り取らなくてもよくない?」って日本を守りたくなる考えと、「確かにその通り。働きすぎなのかもしれないし、こんなところで寝るくらいなら家に帰って休むべきだよね」という考えが、両方生まれてくる。私の場合。

自分で言うぶんにはいいけど、人から言われると腹がたつ、ってやつなのかもしれない。

Fcee8b4e4c68e08917ea5a1a8e8a155e825e4162D21f145385cd3dd4d111e4aaea8fcf244b7de8a97195b01b0233d070fe777e9647996e7824b1594724d63896abe4b4e103c92c98039fc48e892a465c49e0325a662657ec90f82272265df102fbebb0a6

まぁでも確かに日本に初めて訪れて、こんな光景をたくさん見たら興味を抱くに違いない。

昔、アメリカの友だちが皮肉たっぷりにこう言っていた。「治安がいい証拠だよね」って。

4adb8edbc33f12559c5dcb4b05d506813308997b

彼らは、毎日14時間も働いてる。

撮影しているのは、世界のストリートカルチャーを中心に追いかけているプラハ出身のフォトグラファー、David Tesinsky

「日本のサラリーマンは、何年も何年も、同僚やクライアントと飲みに行って、午前2時まで酔っ払って帰宅して、夜も明けないうちにまたオフィスへ行く。毎回タクシーを使う余裕はないから、ときどき寝てしまうんだ。まるで企業の羊のようだった。彼らは毎日14時間働いている。

自分のキャリアアップに焦点を絞った幽霊のように街をさまよっていて、僕にはその姿はあまり明るいようには見えなかったけど、彼らのビジョンはちょっと違うようだ。『まだ5年しか経ってないし、先が見えないピラミッドで、少しでも高い地位につく』ってね」

最近の日本はそこまでステレオタイプじゃないよ、とツッコミを入れたい気持ちもあるけど、こんなにたくさん撮るってことは、それだけ「寝ているサラリーマン」が目立って見えたのかな…。

私は日本が大好きだし、一生懸命働いているビジネスマンも好きだけど、やっぱり家でゆっくり寝てほしいっていう意味では、このフォトグラファーと同じ気持ちなのかもしれない。

Licensed material used with permission by David Tesinsky
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
東京、ひいては日本の魅力を撮り続けるフォトグラファーR̸K̸さん。切り取られた写真を見ると、なんだか懐かしい気持ちになります。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
数年前、まったく知らない外国人の方から、突然Facebookでメッセージが届いた。それもすごく変な日本語で。もしあなたがこのメッセージを受け取ったとしたら...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...