最近、大好きな人の写真を撮っていますか?

スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思っているボクにとっては、とても嬉しい状況です。

そんな写真の魅力のひとつに、タイムマシーンのように時間を遡ることができる、というものがあります。今日撮った写真を明日見てもあまり響くことはないかもしれません。でも、その写真を10年、20年、30年後に見たとき、そこには「写真を撮っておいて良かった」と、心から思える光景が広がっているはずです。

少し緊張気味の両親と
めっちゃ笑ってるボク

99d1a52bc2e72768e39a0dc6941f48a02cc50f47

生まれて1ヶ月後くらいに撮られた写真。
数年後に出会った、妹との2ショッ ト写真。

小学生くらいのときに見たときは「あ〜、こんなときもあったんやな〜」くらいにしか思っていませんでした。あれから20年近く経ち、先日見返したんですけど、めっちゃ良い写真なんですよね。

写真に写る両親の表情は少し緊張しているけどとても幸せそうで、ボクもめっちゃ笑ってますね。自分の小さい頃の写真なのに「将来、こんな家庭を築きたい」と思わせてくれました。

そして今、ボクは妻の写真を撮っています。

94200889e10eb3c9da4232bde698b866b165d8d138f13a1df246c6835d13353f4b8dbea12db18550B82689d8634abbc3e7e180c1e9415f80d737524e1721bd0738a59d1472bc7091e6392c2a162d180447d5cdc701848cf90b48b64987947d85e1fa4fff608a5b81b96e38d2e43f8e6b88b46330e0a77d20

一番、身近な存在である家族。

身近すぎて、写真には残していないという人も多いかもしれません。

これからの年末年始。昔懐かしい人と会う機会も多いと思います。そんなとき、昔の写真を見ながら思い出話に花を咲かせたり、その瞬間を写真に残してみてはいかがでしょうか?

それらは、いつか必ず、何物にも変えられない宝物になるはずです。

Licensed material used with permission by yuji hirai, (Instagram)
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
ヴィンテージカメラを見るとワクワクする。所有していた人はレンズを通して何を見ていたんだろうとか、どんな写真を撮ってきたんだろうとか。想像しても決して答えは...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。その幸せな日常と、最後の1枚で...
撮影機材はスマホ、加工も必要最小限。なのに、構図のセンスや工夫がキラリと光る作品ばかり。これ、本当に全部スマホで撮ったの?アルジェリア出身19歳のMoun...
Julius Senkusさんは、新婚旅行で妻のNeringaさんと一緒にシチリアを訪れていました。そこで、落とし物のGoProカメラを発見。中に保存され...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...