中古のカメラを購入したら、ある「家族の思い出」が詰まっていた。

ヴィンテージカメラを見るとワクワクする。所有していた人はレンズを通して何を見ていたんだろうとか、どんな写真を撮ってきたんだろうとか。想像しても決して答えは出ないのだけど、確実に言えるのはどれも思い出がたくさん詰まっているということ。

オレゴン州在住のKati Dimoffさんは、リサイクルショップで中古のカメラを集めるのが趣味。「お宝」を見つけるため、購入する時は必ず現像されていないネガが入っているものを選んでいるのだそう。

そして先月、ついに出会ってしまったのです──。

遠い昔に撮られた
幸せそうな家族写真

7132fdff4004138eb567a108344776f5fb58d0f6

随分古めかしいこのモノクロの家族写真。

どうにか持ち主を見つけたかったというKatiさんは、この写真を地元紙に掲載しました。すると、1人の男性が名乗りをあげます。向かって右の男性、Melvin Purvisさんです。彼は写真を目にした瞬間、「イスから転げ落ちそうになったよ」と「The Oregonian」に語っています。

当時、おばあさんが孫であるMelvinさんの息子に会いに来た時のものだったそう。37年前に撮られたこの写真は、みんなで写っている最後のものだったということです。そしてKatiさんが見つけたカメラこそが、今は亡きおばあさんのカメラに違いないということでした。

「不思議なタイミングだ…」

Ce4486125a8ee9292085496b9dc2766c3e8cb3ce

実はMelvinさん、このタイミングで写真が出てきた事に鳥肌がたったと「The Oregonian」に語っています。理由は「ついこの間母親が失くなったばかりだから」という。遠い昔に失われた家族の思い出を、お母さんが運んできてくれたのかもしれないと、話を聞いているこちらも思わずにはいられません。

1d8f7bd8ed276490060bb5b3ceae9f5177f2cdd4

今後、カメラやネガはどうするのかとKatiさんに聞いてみました。

「Melvinさんとは今、メールでやりとりをしているの。現像した写真と一緒に、すべてを彼に送るつもりよ」

自分の好奇心が、思わぬかたちで見知らぬ誰かの大切な思い出へとたどり着いたというこの話。ある意味、最高級のお宝が見つかったと言っても過言ではないですよね。

Reference:The Oregonian
Licensed material used with permission by Kati Dimoff
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
Julius Senkusさんは、新婚旅行で妻のNeringaさんと一緒にシチリアを訪れていました。そこで、落とし物のGoProカメラを発見。中に保存され...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
家のどこかに眠っている昔の「ネガフィルム」は、この時を待っていたのだと確信しました。保存しておいたものの、あれってほとんど使うことがない。けれど、いつか昔...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...