中古のカメラを購入したら、ある「家族の思い出」が詰まっていた。

ヴィンテージカメラを見るとワクワクする。所有していた人はレンズを通して何を見ていたんだろうとか、どんな写真を撮ってきたんだろうとか。想像しても決して答えは出ないのだけど、確実に言えるのはどれも思い出がたくさん詰まっているということ。

オレゴン州在住のKati Dimoffさんは、リサイクルショップで中古のカメラを集めるのが趣味。「お宝」を見つけるため、購入する時は必ず現像されていないネガが入っているものを選んでいるのだそう。

そして先月、ついに出会ってしまったのです──。

遠い昔に撮られた
幸せそうな家族写真

随分古めかしいこのモノクロの家族写真。

どうにか持ち主を見つけたかったというKatiさんは、この写真を地元紙に掲載しました。すると、1人の男性が名乗りをあげます。向かって右の男性、Melvin Purvisさんです。彼は写真を目にした瞬間、「イスから転げ落ちそうになったよ」と「The Oregonian」に語っています。

当時、おばあさんが孫であるMelvinさんの息子に会いに来た時のものだったそう。37年前に撮られたこの写真は、みんなで写っている最後のものだったということです。そしてKatiさんが見つけたカメラこそが、今は亡きおばあさんのカメラに違いないということでした。

「不思議なタイミングだ…」

実はMelvinさん、このタイミングで写真が出てきた事に鳥肌がたったと「The Oregonian」に語っています。理由は「ついこの間母親が失くなったばかりだから」という。遠い昔に失われた家族の思い出を、お母さんが運んできてくれたのかもしれないと、話を聞いているこちらも思わずにはいられません。

今後、カメラやネガはどうするのかとKatiさんに聞いてみました。

「Melvinさんとは今、メールでやりとりをしているの。現像した写真と一緒に、すべてを彼に送るつもりよ」

自分の好奇心が、思わぬかたちで見知らぬ誰かの大切な思い出へとたどり着いたというこの話。ある意味、最高級のお宝が見つかったと言っても過言ではないですよね。

Reference:The Oregonian
Licensed material used with permission by Kati Dimoff

関連する記事

なんでも簡単にスマホ一つでできてしまう時代だから、あえてのフィルムカメラ。しかし、ただのフィルムカメラではつまらない。このカメラは3つのレンズを使い3枚の...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
イタリア・ミラノ出身でスペインを拠点に活躍するデザイナー兼建築士のFederica Sala氏による「The Bruno's Swing」は、母をモチーフ...
撮ったその場でモノクロ写真を印刷できるインスタントカメラが登場。しかも、レシートなどに使われる「感熱紙」を使用することで、フィルムの費用を抑えつつコンパク...
Canonより新たに登場した「PowerShot PICK」は、同社の先進技術を結集した自動撮影カメラ。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
米オレゴン州のビーバートンで、緊迫した空気が一変して笑いに包まれる夜がありました。一本の通報電話に、地元の保安官が現場へ駆けつけるも待ち構えていたのは……。
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
12月15日、「Google フォト」の新機能として「Cinematic photos」が追加されることが発表された。この新機能、何がすごいかというと.....
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
ヴィレッジヴァンガードオンラインストアでの販売展開が発表された新型カメラ「MF-1」は、70周年を迎えたカメラブランド「YASHICA(ヤシカ)」から生ま...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
スポーツやレジャー、アウトドアなどさまざまなアクティビティで使われるアクションカメラに注目のギア「Gogloo E9シリーズ」が登場。応援購入サービス「M...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
Julius Senkusさんは、新婚旅行で妻のNeringaさんと一緒にシチリアを訪れていました。そこで、落とし物のGoProカメラを発見。中に保存され...
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
カメラメーカー「キヤノン」と北欧を拠点にするPR会社「Uncle Grey Copenhagen」が不正な写真の使用や誤用を防ぐことを目的とした写真データ...
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。