売春婦、薬物中毒者。アメリカ「アウトサイダーたち」の写真集

“バッドランド”と呼ばれる、アメリカ・フィラデルフィアに位置する「ケンジントン」。

その理由は、全米で最も純度の高いヘロインが格安で取引されているため。つまり、薬物中毒者が集まりやすい場所でもある。それを知った人々が闇商売をすることも。

見たくもないことやものがたくさんある社会に真剣に向き合った、1人の写真家がJeffrey Stockbridgeさん。自身の写真シリーズである「Kensington Blues」で、地元住民の姿を記録。

薬物、アルコール、売春。

それぞれの問題を抱える人々の現実を、隠すことなく写したポートレートには、彼らの葛藤や家族への思い、また更生への苦悩が写し出されているようだ。

一般的に「アウトサイダー」とみなされる薬物・アルコール中毒者や売春婦は、そうでない人々から軽蔑される。でもそれは単なる色眼鏡で、人間としての根本は変わりないのかもしれない。彼らにも家族や兄弟がいて、それぞれ様々な事情を抱えていて、何かの助けが必要な弱い部分がある。

Jeffreyさんが映し出した写真の一部を、彼らのバックグラウンドと一緒に紹介しよう。

アメリカのケンジントン 街角

Debbieさんは、当時付き合っていた彼氏とその妹の影響でドラッグを始めた。刑務所を出た後に仕事を始めるが稼ぎが少なくケンジントンへ。自らの髪の毛を売るなどして得たお金でヘロインを購入し、路上生活をしていた。現在は更生し、ウエイトレスの仕事をしている。

アメリカ 双子の女性のポートレート

ケンジントンに暮らす双子の姉妹。彼女たちは売春で得た収入を分け合って生活している。もらったお金はその日の寝床と食べ物に使うそう。

ヘロイン使用者の女性

17歳でヘロインをはじめたJennieさん。ドラッグを買うためにケンジントンに来て、家族に見捨てられてからは、売春をして路上で生活していた。写真は、更生のため入居した施設の二段ベッドにて。

妊婦の女性 売春婦

売春婦である彼女は、決して望まない新しい命を授かった。

アメリカ 座る男性と犬

特に何をするわけでもなく、毎日家の前にどっしりと座る男性。ビールを片手に持ち、チャイニーズフードを食べ、時には道を行き交う人に向かって怒鳴るようだ。

ヘロイン中毒の老人と猫

ヘロイン中毒によって身寄りをなくした老人は、空き家を売春や薬物使用のために貸して生計を立てているらしい。

Licensed material used with permission by Jeffrey Stockbridge, Kensington Blues(Instagram), (HP)

関連する記事

2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
先日のあるニュースによれば、この貧困街で麻薬組織と警察の銃撃戦が発生したらしい。治安を改善するために必要なアクションは、何なのだろうか。
55歳以上の現役もしくは、元セックスワーカーを対象としたメキシコにある『Casa Xochiquetzal』という保護施設。こに住むほとんどが、心身をすり...
世界各地の廃墟となっている城・教会・修道院等の美しい遺構の写真集が発売。世界遺産に登録されているスケールの大きな歴史的な遺構から、どのような経緯で打ち捨て...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
11月4日、アメリカ・オレゴン州がコカインやヘロインなどのハードドラッグ所持を非犯罪化することを決定した。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
「チャイルド・トラフィッキング」これは子どもの人身売買を意味する言葉。インドでは女の子を誘拐し、強制的に売春をさせているという事実があります。けれど、加害...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
デートレイプドラッグは、日本ではまだ聞きなれない言葉ですが、心も体もひどく傷つける最悪な犯罪です。被害者を減らすため、ある1人の女性が、飲み物に薬物が含ま...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
建設業界のイメージアップを目的に、「ジムではなく現場で汗を流し、ダンベルではなく鉄骨で鍛えた“なま筋肉”」を題材にした写真集が発売される。モデルは、建設業...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国大手新聞社「ニューヨーク・タイムズ」は今月21日に発行した1面を黒いドットで埋めた。ある程度の規則性を持ちながら打たれた砂嵐のように見える黒いドットは...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...