フィクションだけど、フィクションじゃない写真集

山のような家具を積んだ荷車を引く人々。

現実の風景ではなく、フランスのフォトグラファーAlain Delormeさんによるシリーズ作品です。

伝えたかったのは、中国の移民労働者たちがおくる過酷な生活。

見過ごされがちな
都市の風景を切り取った

急速な成長を遂げる上海。華やかさが増す一方のこの街で、Delormeさんはあえて、光の当たらないところに目を向けました。

より良い仕事に就くために上海を訪れた移民たち一人ひとりが、この街の成長を支えてきたこと。そしてその労働がどれだけ彼らに重い荷物としてのしかかってきたのか。

そんなことがダイレクトに伝わります。

「都市のストレスは、超高層ビルで働くオフィスワーカーではなく、街中を歩いている移住者が抱え込んでいる。私の目には、彼らの姿こそが印象的だった。

写真は、人々に現実を突きつける。

これは決してフィクションではなく、現実を引き延ばしたものだ」

とは、Delormeさんの弁。

彼らが持ち運ぶ荷物は、都市の繁栄を表すような明るい色。それがまた見るものの目に「上海のいま」を訴えかけます。

アンバランスで、重たい荷物を背負った人々の姿に、何を感じるでしょうか。

Licensed material used with permission by Alain Delorme
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。