生命力あふれるモノクロ写真。額装なしの直貼展示で観るヨヘン・レンペルト国内初の個展。※〜4月2日

クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!

そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージアム、レストランが集まっていて、ベルナール・ビュフェ美術館、ヴァンジ彫刻庭園美術館、井上靖文学館、そしてここで紹介する「IZU PHOTO MUSEUM」がある。現在、この美術館では、国内初となるヨヘン・レンペルトの写真展が開催されている。

レンペルトは、10年以上にわたる生物学研究を経て、ドイツ・ハンブルクを拠点に活動している写真家。動植物、昆虫、人間といった多様な生きものと自然現象をモチーフに、一貫してモノクロフィルムを用いた作品制作を行っている。自身でフィルムからプリントしており、そのアナログな質感から被写体の存在感を確かに感じられる。

生きものと自然現象がモチーフのモノクロ写真。
その“質感”をじっくりと観る。

9347d0ef6cc955e209116f41165d2c63187f7264
Photo:《白い葉》 2013年 (c) Jochen Lempert. Courtesy BQ, Berlin and ProjecteSD, Barcelona.
94a2893fd9ff0e1f14c11a59da527fcdbe1280f9
Photo:《モクレン》 2014年 (c) Jochen Lempert. Courtesy BQ, Berlin and ProjecteSD, Barcelona.
9c95f85ea85fa4cd973d44bbfd737648380cc171
Photo:《羽》 2014年 (c) Jochen Lempert. Courtesy BQ, Berlin and ProjecteSD, Barcelona.

この展示「Fieldwork — せかいをさがしに」では、額装をせず壁に直貼した作品が鑑賞できる。ストレートフォト、フォトグラム、フォリオグラムといった多様なアプローチでバライタ紙という厚紙にプリント。作品はテープを使って壁に貼り付けられている。

いわゆる、光が反射しにくいマットな仕上がりで、黒は深く、白は眩しい。中間色の灰色はしっとりとした落ち着きのある印象だ。印画紙そのものを自由に閲覧できるため、有機的でやわらかく、しゅっと背筋を伸ばしたくなるような堂々とした存在感を感じる。

394489f0861cbed0df8a7d40b7cf6244eadbd898
Photo:《手のなかの鳥(コマドリ)》 1998年 © Jochen Lempert. Courtesy BQ, Berlin and ProjecteSD, Barcelona.
67531265870189855b0c773e0d436043408ca9f8
Photo:《オオウミガラスの表皮》より 1990-2016 年 © Jochen Lempert. Courtesy BQ, Berlin and ProjecteSD, Barcelona.
198d71aeea90ed5683a62631ed6515df0cfb1b62
Photo:《ベラドンナ》より 2013 年 © Jochen Lempert. Courtesy BQ, Berlin and ProjecteSD, Barcelona.

科学的知見に支えられた記録写真としての情報とともに、あらゆる生命に対する温かな眼差しを感じる写真は、組み合わせて並べることでその関連性をもイメージさせる。例えば、眼球に似たベラドンナの実は、ある種の生物からは顔として認識されているという。そこにリスの写真を並べることで、人間とは異なる“見え方”を連想させるような作品もある。ぜひ会場で確かめてみて欲しい。

現代美術作家の杉本博司氏によって設計されたモダンな展示空間で作品を鑑賞した後は、国内美術館で初の個展を記念した限定1,000部の写真集『ヨヘン・レンペルト Field Guide』を手にとって見てみよう。学芸員によるギャラリートークでは、展覧会と作品についてわかりやすく解説してくれる機会もある。あわせてチェックしておきたい。

【展覧会概要】

■展覧会
「ヨヘン・レンペルト|Fieldwork — せかいをさがしに」
■期間
2016年10月28日(金)~2017年4月2日(日)
■営業時間
11・12月/10:00~16:30
1月/10:00~16:30
2・3月/10:00~17:00
4月/10:00~18:00
9・10月/10:00~17:00
入館は、閉館30分前まで。
■休館日
毎週水曜日(祝日の場合は営業、その翌日休)
2016年12月26日(月)より2017年1月6日(金)まで、クレマチスの丘の全ての施設は休業。
■会場
IZU PHOTO MUSEUM
静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
Google Map
■ギャラリートーク日程
12月10日(土)
1月14日(土)
2月11日(土)
3月11日(土)
時間:14:15—(当館受付カウンター前集合、約30分間)
■料金
当日の入館券のみ、申込不要。
■webサイト
http://www.izuphoto-museum.jp/exhibition/217877468.html

Top Photo:《オオウミガラスの表皮》より 1990-2016 年 © Jochen Lempert. Courtesy BQ, Berlin and ProjecteSD, Barcelona.
Licensed material used with permission by IZU PHOTO MUSEUM
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真。テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッ...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
25年ものあいだ、白黒の写真を撮りつづけているJason PetersonさんのInstagramには100万人以上のフォロワーがいる。それもそのはず、彼...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
ニュージーランドの農村部に暮らしているフォトグラファーのNiki Boon氏は、テレビなどの近代的な電子機器を使わずに家族みんなで生活中。写真に写っている...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
熊本県在住のアマチュア写真家である89歳の西本喜美子さんが、はじめてカメラに触れたのは72歳のとき。ユニークな写真で有名な彼女にいろいろと質問してみたとこ...
美術館って、うとうとしてしまう。座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。すやぁ……と、眠りに落ちる様子を捕らえるためだけに、美術...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
一般の人がなかなか目にすることができない科学研究施設や産業、インフラの現場ーー。そんな“立入禁止の向こう側”を切り取った写真展が開催されていることを...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
「選択の芸術」とも言われる写真は、たとえ同じ景色でも、切り取り方によって全く違うものに仕上がります。たとえばプロフォトグラファー・Vijceさんがシャッタ...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...