殺風景な場所も、プロが撮るとここまで絵になる

「選択の芸術」とも言われる写真は、たとえ同じ景色でも、切り取り方によって全く違うものに仕上がります。たとえばプロフォトグラファー・Vijceさんがシャッターを切ると、何の変哲もない場所がこんな風に。

光が差し込む
この場所は…

モノクロームな世界で物思いに耽る人に、やさしい光が差し込む中ゆっくり下るサラリーマン。

これ、どこで撮影したかというと…

 

 

どこにでもありそうな駅の階段。

続いてこちら。

カラーフィルムでアンニュイな雰囲気が醸し出されていたり、まるでソール・ライターかのような赤い傘が映える画に仕上がっていたり。

ここはもうお分りの通り、

 

 

何の変哲もないエスカレーターでした。

心で考えて
魅力を引き出すんだ

Vijceさんは、写真を撮るときのコツを次のように話しています。

「大切なのは、とにかくいろんな角度からその場所を見てみること。

どんな場所でも、ユニークなショットを撮ることはできる。自分の足で歩いて、普段は見逃していた魅力を見つけるんだ。見下ろしたり、見上げたり、近付いてみたり、遠ざかってみたりね。

どんな風にその場所を切り取るのが一番素敵か、しっかりと心で考えるんだ。きっと、自分にしか撮れない素晴らしい作品が生まれるはずだよ」

いつも素通りしているあの場所で、あなただけのショットを見つけてみるのもいいかもしれません。

Licensed material used with permission by Vijce
他の記事を見る
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
屋根裏部屋で娘が見つけたのは、当時の政府に反対した写真家の母がのこした記録。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...