「絶頂まで」のポートレートは、男性ではなく女性自身の笑顔のため。

以前紹介した「WINE project」を撮影したブラジル人写真家Marcos Albertiさん。今度は「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。

「O」が意味するところは、ずばり「オーガズム」。女性が絶頂に達するまでの4段階の表情が撮影されています。

はやる気持ちはわかりますが、
もう少し説明を。

4段階とは、「通常時」「オーガズムへのはじまり」「オーガズム中」「オーガズム後」。人種も文化もすべて超えて、比較的性に対して開放的なアメリカやフランス、一方、性に対しては保守的な中国やシンガポールなど、さまざまな国から20人以上の女性がこのプロジェクトに参加しています。

女性のオーガズムをポジティブに、オープンに扱うことってなかなか難しいですよね。国によってはタブー視されることもあります。このプロジェクトはそこに焦点を当て、女性たち自身に自分の性をもっとポジティブに捉えてもらおうというもの。

世界中の女性が自分の性や体に自信を持ち、もっと幸せでいられるように、そしてもっと笑顔が増えるように、そんな願いが込められています。 

それでは、15人。

3cb3a9575bda934b66df3a40fd0b24df8ef93fe3C818cf9e294d495791125d6affb8a35822fd083b298968adb1a53bb85c6df8907cefbffcddc9cba0De679b896ff816b8d2ee246a49a1343ee8257d83Bd8e820bf5313a2b654acfa821c86e6b394e5ca635f49c18885c392a6bd274cac5018cb382967470F5109818581b1fb9e72344e28f3e95b15cfd8265506c0468fb77ef8006e240f256b5491105bfa2ff8c650f5a58e9e708f14cee5c80d8ddcbe576e7de73a18f09c1775b7ddb9a1b1a7eb747223b26585279def32f36c4cfabe0aa5c8c7ca21dd6e96c1c3aBe5c7a0231502a4e98c17b8bd0a7ae41883db339D4ad307e33b45d4e99f96aeab3536de4b4a03206A7bd71f3577d318a264d513bf7b0181f39fc34149db6b3e21181284ecd6b4ac8b3f4ecfba20aa380

印象的なのは、どの女性も4枚目でとっても素敵な笑顔になっていること。自分で試すのはかなり勇気がいるけれど、このプロジェクトをきっかけに、自分のカラダや性について前向きに話し始めることはできるかも。

Licensed material used with permission by Marcos Alberti
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
166年前に発明された技術を使って、子ども達の写真を撮影し続けている、スペインのアーティスト・Jacqueline Robertsさん。坂本龍馬の有名なポ...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
あなたが笑顔になる理由は?笑うきっかけは?ルーマニアに住む32歳の写真家クリスチャン・マンタさんは「174 Reasons to Smile(笑顔でいる1...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
つらい経験をした時、病気になってしまった時、人には支えとなるものが必要です。うつ病に苦しんでいたフォトグラファーのDanielle Harkさんにとって、...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...