ワインを1杯、2杯、3杯・・・ほろ酔いの友だちを激写!結果、こうなりました(24人)

ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。

内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」「1杯」「2杯」「3杯」とそれぞれの表情を撮影したもの。陽気になっちゃう人から、ほとんど表情が変わらない人まで、「自分だったらどうなるかな〜」と想像しながらご覧あれ。

3杯めのワインは
「騒乱」とともに!?

9cc967c9812c71ad9387f700beb8a116ed67b377

撮影をしたマルコスさんいわく、

「ワインについて、こういう言葉があるんだ。『1杯めは食事とともに。2杯めは愛とともに。3杯めは騒乱とともに』ってね。だから僕は、それを試してみたかったんだ。

仕事帰りで疲れているのか、来る時に渋滞に巻き込まれたのか、最初のカットはみんな表情がかたいけど、最後にはいろいろなストーリーが生まれたよ」

C2e5ed5f53397b15b1f7b32992b7be8f2907cb41F050a5ca3dbf510193317809be471c3e0fd6339cA9c594afceaf2f05762f78fe6e865df7662e59f526c1ae2ca455eceafa4c226ce495a7f384c752c7Cbc070573e36e6b34fe6b67567c12afd898d20d3843525156a02d0a882bb895665eae88eee9242e55e950d29bcea4e5cf1186fc05866d37cc0dec169A25dba0d78b939103956205a2b6551160f3879da778cf4ea9678673c9c7888d9cd797dae6508ad832b8075a520c0ecd787eaddcdd9ee9f6b0a21bacbDa5131a06ca08d7edc49b349412e9788509b24d6C97eaa54cc461ea7ec458a7fc6c006232c649e645ddd30f394cb0ccd9e3fd910d828157a349c2cbc6852dfbd8db1d7e48c201f53906e8cb537cf6024400170f44bb02a29bac3ceeaf4c2e8da61745156Cca2cdefe6e8ff62e2835b64ad51032ab607ee753d3e4fe4007815707c9dce08d0a0ecc4fba6fde4Acfd4a83c747eb745f135789a0ba8dd59b828f0eD6b2ab04c40363b5ecd94e435c50b239313695ea7f1301a28c672c72b45f232e49093ee89e90f4d5F6232b8b8bc3da6149749e211fba3c8dfda0bbd261a86e7743ad6945863fe6b96eafdb2255bd0d125a3bbec80270a52104ab2979f7ac6a77b4edb507

なかには、2杯めにテンションが上がって、3杯めにはもう目が座っちゃってる人もチラホラ(笑)。

あなたも、友だちと試してみませんか?

Licensed material used with permission by Marcos Alberti
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。