ワインを1杯、2杯、3杯・・・ほろ酔いの友だちを激写!結果、こうなりました(24人)

ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。

内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」「1杯」「2杯」「3杯」とそれぞれの表情を撮影したもの。陽気になっちゃう人から、ほとんど表情が変わらない人まで、「自分だったらどうなるかな〜」と想像しながらご覧あれ。

3杯めのワインは
「騒乱」とともに!?

9cc967c9812c71ad9387f700beb8a116ed67b377

撮影をしたマルコスさんいわく、

「ワインについて、こういう言葉があるんだ。『1杯めは食事とともに。2杯めは愛とともに。3杯めは騒乱とともに』ってね。だから僕は、それを試してみたかったんだ。

仕事帰りで疲れているのか、来る時に渋滞に巻き込まれたのか、最初のカットはみんな表情がかたいけど、最後にはいろいろなストーリーが生まれたよ」

C2e5ed5f53397b15b1f7b32992b7be8f2907cb41F050a5ca3dbf510193317809be471c3e0fd6339cA9c594afceaf2f05762f78fe6e865df7662e59f526c1ae2ca455eceafa4c226ce495a7f384c752c7Cbc070573e36e6b34fe6b67567c12afd898d20d3843525156a02d0a882bb895665eae88eee9242e55e950d29bcea4e5cf1186fc05866d37cc0dec169A25dba0d78b939103956205a2b6551160f3879da778cf4ea9678673c9c7888d9cd797dae6508ad832b8075a520c0ecd787eaddcdd9ee9f6b0a21bacbDa5131a06ca08d7edc49b349412e9788509b24d6C97eaa54cc461ea7ec458a7fc6c006232c649e645ddd30f394cb0ccd9e3fd910d828157a349c2cbc6852dfbd8db1d7e48c201f53906e8cb537cf6024400170f44bb02a29bac3ceeaf4c2e8da61745156Cca2cdefe6e8ff62e2835b64ad51032ab607ee753d3e4fe4007815707c9dce08d0a0ecc4fba6fde4Acfd4a83c747eb745f135789a0ba8dd59b828f0eD6b2ab04c40363b5ecd94e435c50b239313695ea7f1301a28c672c72b45f232e49093ee89e90f4d5F6232b8b8bc3da6149749e211fba3c8dfda0bbd261a86e7743ad6945863fe6b96eafdb2255bd0d125a3bbec80270a52104ab2979f7ac6a77b4edb507

なかには、2杯めにテンションが上がって、3杯めにはもう目が座っちゃってる人もチラホラ(笑)。

あなたも、友だちと試してみませんか?

Licensed material used with permission by Marcos Alberti
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...