「ワイン発祥の地」ジョージアで、イケメンとワインを堪能してみた

『TABI LABO』をご覧のみなさま、はじめまして。くつざわです。

©くつざわ
くつざわ
主にTwitterで活動。以前はあるある動画でバズっていたものの、現在は観光業界を盛り上げるために、地方の魅力などを記事や動画で発信、するつもり。

ジョージアワインをご存知でしょうか?

ワイン発祥の地と言われるジョージア(旧グルジア)で生産されるワインの総称です。

約8000年も前から伝統的な製法で作り続けられている“世界一古いワイン”。世界無形文化遺産にも登録されているんです。

せっかくジョージアに来たからには、これを飲まずには帰れません!

ただ、インターネットの情報をもとにひとりでお店に行くのも味気ないので、今回も現地で仲良くなったテモくんにその魅力を教えてもらうことにしました。

©くつざわ

「このイケメンは誰!!」

「そもそもジョージアがわからん!!!」

という方もいるかと思います。

テモくんはこちらの記事でジョージアの伝統料理「シュクメルリ」の魅力を教えてもらった19歳。シュクメルリは松屋でも商品化されたことで話題になりましたね。

©くつざわ

前回同様、陽気なおじいちゃんが迎えてくれる「スヒィルトゥラゼエビス ドゥカニ」というお店でいただきます。

ちなみにこのおじいちゃん、高確率で酔っ払っているので、滞在中に何度も髭ジョリジョリをくらいました。

©くつざわ

暑苦しいな。

©くつざわ

ジョージアではこんなにカジュアルにワインが売られています。1リットルたったの400円程度!

中でも有名なのが、写真右の「オレンジワイン(別名アンバーワイン)」。

今回はこのオレンジワインを堪能します。羨ましいだろ。

©くつざわ

ッカァ〜〜〜!!!

イケメンに注いでもらうワインは熟成させまくったどんなワインよりも最高です。

ちなみに、テモくんが普通に年上に見えるので言い忘れていましたが、ジョージアでは18歳から飲酒可能。

さてみなさん、この独特な器が気になったのではないでしょうか。

©くつざわ

テモ「 これは『ピアラ』と言って、素焼きの酒器で、ジョージアではよく使われているグラスだよ。海外の人にとってはワインをすする感覚が新しいかもしれないね」

©くつざわ

くつざわ「へぇ〜。顔がかっこいいな〜〜〜」

説明よりも顔のつくりに目がいっていたのですが、そこで酔っ払い爺や(店主)が「このグラスも使ってみな」とツノのような形のグラスを渡してきました。

©くつざわ

くつざわ「なんだこれ………………」

酔っ払い爺や「これはジョージアの酒飲みの間ではポピュラーなグラスだよ。この形だと飲み干すまでテーブルに置けないから、渡されたら飲み干さなきゃいけない」

くつざわ「発想が地獄じゃん」

酔っ払い爺や「私はいつもこれを使ってるよ」

くつざわ「爺や……………………」

©くつざわ

くつざわ「うお〜!思ってたより甘口であっさり飲めちゃう。これはリットルで売る理由がわかるわ」

(顔丸いな)

じつはこのジョージアという国は、数あるお酒の中でもワインの消費率が非常に高い国。空港で入国審査が終わったときに、無言でワインがプレゼントされたのには驚きました。

©くつざわ

それだけワイン文化が根付いているということですね。

©くつざわ

テモ「ジョージア伝統のオレンジワインは、ぶどうの果皮や種から抽出されるポリフェノールがたくさん含まれているから健康にもいいんだ」

くつざわ「ほぇ〜〜〜〜。鼻高ッ」

テモ「ワインは樽で作られるイメージがあるけど、ジョージアでは8000年もの間ずっと変わらずクヴェヴリという陶器の大きな壺を使っていて、ぶどうの種や皮も一緒に入れて熟成させてるんだよ。この製法のおかげで、樽で作るワインと比べて酸化しにくくなるから酸化防止剤が必要ない。つまり無添加。女性は肌が綺麗になるって言われてて、それも人気の理由だね」

くつざわ「そしたら私、これ以上飲んだら肌がクヴェヴリの陶器くらいツルッツルになっちゃうやつよwww」

©くつざわ
©くつざわ

……

さて、今回紹介したジョージアワイン、甘口ですが甘すぎず、非常に飲みやすくて健康にもいいということでゲストハウスに6リットルお持ち帰りしました。

©くつざわ

一日でみんなで飲み干しました。

ジョージアワインは日本にも専門店がありますが、ぜひ現地の雰囲気を堪能しつつ、酔っ払い爺やに髭じょりじょりされながら飲んでほしいものです。

価格も味も体にも大満足のジョージアワインでした!

Top image: © くつざわ
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
ナチュラルワインって、なんですか?
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
二十歳の女子大生がジョージアでイケメンをデートに誘い、シュクメルリなど本場の料理を食べてきた話。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...