期間限定!潜って行けちゃう「海底ワイナリー」

以前も紹介したクロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。ここでは、粘土で覆い特別なコルクで栓をしたワインボトルを海底18〜25mの場所に700日以上寝かせています。

普段は、スタッフが海底から選んできたものを地上のワインバーでオーダーして、アドリア海を眺めながら優雅に嗜むわけですが、期間限定でこのワイナリーへのダイビングツアーが開催されています!しかも、お持ち帰りOK。

海底から持って帰ってきた一杯の味は、格別だろうな〜。ツアーは11月1日までです。

Reference: Edivo Vina
Top image: © 2018 Edivo Vina
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「ハリー・ポッター3」の撮影監督も務めたマイケル・セレシンが設立したワイナリーの「セレシン・エステイト シャルドネ 2015」は手づくりにこだわる
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
評価高まるNZのワイナリー、セレシン・エステイトが気軽に飲んでもらえるようにと立ち上げた別ブランドの赤ワイン「モモ ピノ・ノワール 2016」。
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「Conrad Maldives Rangali Island」が、たくさんの魚に囲まれながら寝泊まりができる施設の構想を発表した。2018年末にオープン...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
スタバがコラボした限定商品ってだけで、購買意欲がそそられちゃいます。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。