このワイン、どこで寝かせたと思う?

ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。

そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワインビギナーでも「ここまでインパクトあったら、迷わず買いでしょ!」と言い切れてしまいそうなビジュアルのワインが、クロアチアにありました。

ギリシャ風のワインボトル、
試しに沈めてみる?

アドリア海の「海底ワイン」誕生のきっかけは、些細なこと。ある日、アンフォラ(古代ギリシャの壺)風の形をしたボトルワインをもらって、彼らは思い立ったそう。

「この古風なボトル、本当に沈めてみたら面白いんじゃ?」

しかし、これを実現するには多くの困難がありました。ボトルは割れない?コルクのすきまから海水が入ってこない?水圧は大丈夫?

実際かなり大変な調査や実験を要したそうですが、その思いつきにどうしようもなくワクワクしていた彼らは、ちょっとしたことじゃへこたれません。数年の研究の後、みごと「海底で寝かせる」ことに成功しました。

古代ギリシャ人のルーツを
辿ってみたんだ

Edivo Vina Winery」は、何から何までクロアチア産にこだわっています。

ワイン自体は、ヤニナの「Plavac 2012」を。ボトルに塗り固めている粘土は、中心部の都市・ペトリニャのものです。そして沈めるのはもちろん、アドリア海。

付属品も例にもれずで、ボトルを支える鉄の台は、中央に位置するシサクで鍛造されたものを、ワインを入れる木の箱は、北西の都市・ヴァラジュディンで採伐された松から作られています。

彼らによると、実は古代ギリシャ人もアンフォラでワインを貯蔵していたそう。そしてその壺は今日、多くがアドリア海で発掘されています。ということは、何千年前の人たちもワインを海に沈めていた…?なんて想像も広がったり。

「古代ギリシャ人とワインには、深い繋がりがあった。彼らにとってそのお酒はスピリチュアルなものだったんだよ。

それは、酒の神・バッカスが讃えられていたことからも分かるはず。何千年という時を経て、僕らがそのルーツに立ち戻ってみた。なんだかロマンチックじゃないかい?」

アドリア海を横目に
味わってみたい

実際、海底は「熟成」には適してないんじゃ?というかそもそも、数年沈めたくらいじゃ味は深くならなさそう…なんて声もありそうですが、その雰囲気は味わってみたいかも。

海底ワインは希少で、まだ十分な在庫がないため、日本へ輸出する予定はないそう。「味わいたかったら、ぜひクロアチアに来て!」とのこと。たしかに、どうせ体験するなら、アドリア海のほとりで試してみたい?

Licensed material used with permission by Edivo
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...