このワイン、どこで寝かせたと思う?

ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。

そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワインビギナーでも「ここまでインパクトあったら、迷わず買いでしょ!」と言い切れてしまいそうなビジュアルのワインが、クロアチアにありました。

ギリシャ風のワインボトル、
試しに沈めてみる?

アドリア海の「海底ワイン」誕生のきっかけは、些細なこと。ある日、アンフォラ(古代ギリシャの壺)風の形をしたボトルワインをもらって、彼らは思い立ったそう。

「この古風なボトル、本当に沈めてみたら面白いんじゃ?」

しかし、これを実現するには多くの困難がありました。ボトルは割れない?コルクのすきまから海水が入ってこない?水圧は大丈夫?

実際かなり大変な調査や実験を要したそうですが、その思いつきにどうしようもなくワクワクしていた彼らは、ちょっとしたことじゃへこたれません。数年の研究の後、みごと「海底で寝かせる」ことに成功しました。

古代ギリシャ人のルーツを
辿ってみたんだ

Edivo Vina Winery」は、何から何までクロアチア産にこだわっています。

ワイン自体は、ヤニナの「Plavac 2012」を。ボトルに塗り固めている粘土は、中心部の都市・ペトリニャのものです。そして沈めるのはもちろん、アドリア海。

付属品も例にもれずで、ボトルを支える鉄の台は、中央に位置するシサクで鍛造されたものを、ワインを入れる木の箱は、北西の都市・ヴァラジュディンで採伐された松から作られています。

彼らによると、実は古代ギリシャ人もアンフォラでワインを貯蔵していたそう。そしてその壺は今日、多くがアドリア海で発掘されています。ということは、何千年前の人たちもワインを海に沈めていた…?なんて想像も広がったり。

「古代ギリシャ人とワインには、深い繋がりがあった。彼らにとってそのお酒はスピリチュアルなものだったんだよ。

それは、酒の神・バッカスが讃えられていたことからも分かるはず。何千年という時を経て、僕らがそのルーツに立ち戻ってみた。なんだかロマンチックじゃないかい?」

アドリア海を横目に
味わってみたい

実際、海底は「熟成」には適してないんじゃ?というかそもそも、数年沈めたくらいじゃ味は深くならなさそう…なんて声もありそうですが、その雰囲気は味わってみたいかも。

海底ワインは希少で、まだ十分な在庫がないため、日本へ輸出する予定はないそう。「味わいたかったら、ぜひクロアチアに来て!」とのこと。たしかに、どうせ体験するなら、アドリア海のほとりで試してみたい?

Licensed material used with permission by Edivo
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
心温まる動画をご紹介。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。