「若いワイン」をあっという間に飲み頃に変えるデバイス

よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いとは「飲みごろ前」という意味で使われる。

イタリアンなんかを食べに行って手頃なワインを注文すると、気の利いたカメリエーレだと「飲みごろは30分くらい経ってから」なんて教えてくれてデキャンタージュすることがある。空気に触れさせて香りを開く、若いワインをおいしくいただくには、まあ、多少の待ち時間も“料理のひとつ”、でいいじゃない。

とこのツールに出会うまでは思っていた。

飲みたいときを
「飲みごろ」にかえる
ワインタップデバイス

ワインボトルの先に取り付けられたこのデバイス「Aervana」は、いわゆるワイン・エアレーターのひとつ。ワインに空気を含ませることをエアレーションというが、エアレーターはボトルからグラスに注ぐ際に、酸素を取り込むことで空気になじませるためのツールだ。言うなれば、若いワインを強引に飲みごろに持っていってしまおうというもの。

ボタンひとつで
瞬時にエアレーション完了!

電動式のAervanaをワインボトルにセットし、てっぺんのボタンを押すだけで、瓶の底まで届くチューブを通ってワインがグラスへとタップされる。この吸い上げる途中できめ細かな泡をワインにたっぷり含ませ、ワインが空気と触れ合うことで瞬時にエアレーションを完了させてしまおうという発想。

だから、タップしたてのワインはスパークリングとまでは言わないものの、きめ細かな泡立ちが見ても確認できる。

若いワインとの
ライトなつき合いかた

正直に言えば、この製品を使ってみないことにはどのくらい角が取れて、酸味が和らぎ、香りが立つかは分からない。それもワインごとに違うしね。だけどこれで99.95ドル(約11,000円)ならば、まあ考えられなくもない。気になる人はこちらから。

使用後のメンテナンスも、水をチューブから数回吸い上げてすすげばいいだけというから楽チン。唯一引っかかるのが、本体にセットする単四電池6本(メーカーはこれでボトル200本のエアレーションが可能と)ということだけ。動力がもう少し経済的になれば、高価なワインに手を出さずとも楽しめ、ランニングコストも抑えられそうだけどな。

Licensed material used with permission by AERVANA
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...