「若いワイン」をあっという間に飲み頃に変えるデバイス

よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いとは「飲みごろ前」という意味で使われる。

イタリアンなんかを食べに行って手頃なワインを注文すると、気の利いたカメリエーレだと「飲みごろは30分くらい経ってから」なんて教えてくれてデキャンタージュすることがある。空気に触れさせて香りを開く、若いワインをおいしくいただくには、まあ、多少の待ち時間も“料理のひとつ”、でいいじゃない。

とこのツールに出会うまでは思っていた。

飲みたいときを
「飲みごろ」にかえる
ワインタップデバイス

84fa2cab64d72323c80eea62f4a187b2a8d13dad

ワインボトルの先に取り付けられたこのデバイス「Aervana」は、いわゆるワイン・エアレーターのひとつ。ワインに空気を含ませることをエアレーションというが、エアレーターはボトルからグラスに注ぐ際に、酸素を取り込むことで空気になじませるためのツールだ。言うなれば、若いワインを強引に飲みごろに持っていってしまおうというもの。

ボタンひとつで
瞬時にエアレーション完了!

64567294ee7fb4ed1c70fd98a1c2c83db2c74b528919c70b6a91e630ad3894c2c151016a0233a90f

電動式のAervanaをワインボトルにセットし、てっぺんのボタンを押すだけで、瓶の底まで届くチューブを通ってワインがグラスへとタップされる。この吸い上げる途中できめ細かな泡をワインにたっぷり含ませ、ワインが空気と触れ合うことで瞬時にエアレーションを完了させてしまおうという発想。

Bf9d60f48693fc46ee49229369493268ffdb57c3

だから、タップしたてのワインはスパークリングとまでは言わないものの、きめ細かな泡立ちが見ても確認できる。

若いワインとの
ライトなつき合いかた

031ddc0112fb6399b5c7097bf98a9b38a039a762Be373695fe22710aa1ea509d147bf3bba5b457ce

正直に言えば、この製品を使ってみないことにはどのくらい角が取れて、酸味が和らぎ、香りが立つかは分からない。それもワインごとに違うしね。だけどこれで99.95ドル(約11,000円)ならば、まあ考えられなくもない。気になる人はこちらから。

使用後のメンテナンスも、水をチューブから数回吸い上げてすすげばいいだけというから楽チン。唯一引っかかるのが、本体にセットする単四電池6本(メーカーはこれでボトル200本のエアレーションが可能と)ということだけ。動力がもう少し経済的になれば、高価なワインに手を出さずとも楽しめ、ランニングコストも抑えられそうだけどな。

Licensed material used with permission by AERVANA
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...