米女性ライターが語る。私がワインを飲むようになった「21の理由」

酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワインは女性の強い味方、と「Elite Daily」のAshley Fernさん。

彼女は、どうせ酔っ払うなら「ワインで酔っ払うべき理由」を紹介しています。

01.
やっぱり「上品」な気分になれる

F796386ba04e3b66ac621bd2c8aee4b7a293bcd6

ブランケットにくるまり、スウェットでドレスダウン。でも、ワイングラスを片手に持つと一気に上品度アップ。

お祝い事もテキーラショットではなく、あえてワインを選ぶことでエレガントに。

02.
言ってしまえばフルーツ

果物は少なくとも1日に9品食べること、って推奨されてるけど、それをワインに換算すると何杯なのかな?

03.
ワイン色の歯ならセクシー?

そもそも真っ白な歯がワイン色に染まっているだなんて、気づきもしないかもね。

04.
派手に酔っても色っぽさはキープ

9a21ba25fb8783bb836be94e17713e4fb6531e58

知らず知らずのうちに酔いがすすむワイン。でも、気分がいいならそれでよし。

05.
ビールほどむくまない

他のお酒に比べて、そこまでお腹がいっぱいにならないのも嬉しいところ。

06.
カクテルみたいにオーダーを間違えることもない

カクテルのややこしい名前は別として、ワインなら聞き間違えようがないかな。注文ミスがあるとすれば、注ぎ足らないことくらい?

07.
ワインに詳しければインテリっぽい?

タンニンや品種まで知らなくても、リースリングくらいは知ってるはず。でも、それだけ知っていれば十分よ。

08.
チーズを食べる最高の言い訳になる

6fa2fa829af00f485c3e16dbf4e3d0a8ff5cd670

ワインを飲みたいだけ飲みましょう。さらにチーズを添えれば、もっと上品に。

09.
機内で朝9時から飲んでもOK

長時間の飛行機は、正直かなりのストレス。そんなストレスを和らげるためにお酒が提供されるんじゃない?

でもテキーラなんて手に取ったら、酒豪と思われちゃうし…。ワインならそんな偏見を持たれずに済むはず。

10.
両親の前でいくら飲んでも「アル中」と思われない

「アルコール中毒者だと思われないお酒にようやく出逢えた」とでも言いましょうか…。

11.
ひとりでボトルを空けたってOK

「2本買えば1本無料」なんてキャンペーンがあるくらいだし、これって「奨励されている」ってことでしょう?

12.
ワイン一杯はジムでの一時間に換算?

E4d5b07780cc1d227589013e8f5a178b9f6dea12

研究結果に興味がある方は、Elite Dailyのこちらの記事をどうぞ。

13.
「ワインアイス」もある

こんなに最高なことってある?

14.
寒い夜のステキなお供になる

寒い夜は、家でぬくぬくしたい。そこにワインさえあれば、孤独な気持ちもすぐに紛れる。でも、ひとりで飲むなんてつまらない!そう感じるなら…

15.
ワインを口実に友だちを家に招待

「1本あげるから競争しない?」そんな楽しい誘い方はどうかな。

16.
値段に関係なく、期待に応えてくれる

Ad717530ac89fb54a57c85847c58ee6ca676c4f9

ワインを飲む究極の目的は、酔っ払うこと。もしくは熟睡すること。400円でも4,000円でも、2本とも必ず目的を果たしてくれる。

17.
ワインを飲むときの会話は格別

テキーラやウォッカを立て続けに飲んでしまった夜はしゃべることすら困難に…。

でもワインを飲むと、なぜか口がうまく回るもの。しかも、いつも以上に素直になれたりして。

18.
「スラップ・ザ・バッグ・ワイン」はいい運動?

これが、結構腕にくる…。

19.
暴食するくらいならワインを暴飲したほうがマシ

食べ過ぎてしまうと、胃は弱って、体はむくみ、心もぐったり。でも、ワインの飲みすぎで心配なのは頭痛くらい。そのほうが軽傷じゃない?

20.
ランチに一杯飲んでも気づかれない

572f9de9e8e7b483da13e2bfe382387e602b9701

私が保証します。

21.
睡眠薬に頼らなくてもぐっすり眠れる

しかも、いつ寝たのか記憶にないくらい最高の眠り。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...