米女性ライターが語る。私がワインを飲むようになった「21の理由」

酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワインは女性の強い味方、と「Elite Daily」のAshley Fernさん。

彼女は、どうせ酔っ払うなら「ワインで酔っ払うべき理由」を紹介しています。

01.
やっぱり「上品」な気分になれる

F796386ba04e3b66ac621bd2c8aee4b7a293bcd6

ブランケットにくるまり、スウェットでドレスダウン。でも、ワイングラスを片手に持つと一気に上品度アップ。

お祝い事もテキーラショットではなく、あえてワインを選ぶことでエレガントに。

02.
言ってしまえばフルーツ

果物は少なくとも1日に9品食べること、って推奨されてるけど、それをワインに換算すると何杯なのかな?

03.
ワイン色の歯ならセクシー?

そもそも真っ白な歯がワイン色に染まっているだなんて、気づきもしないかもね。

04.
派手に酔っても色っぽさはキープ

9a21ba25fb8783bb836be94e17713e4fb6531e58

知らず知らずのうちに酔いがすすむワイン。でも、気分がいいならそれでよし。

05.
ビールほどむくまない

他のお酒に比べて、そこまでお腹がいっぱいにならないのも嬉しいところ。

06.
カクテルみたいにオーダーを間違えることもない

カクテルのややこしい名前は別として、ワインなら聞き間違えようがないかな。注文ミスがあるとすれば、注ぎ足らないことくらい?

07.
ワインに詳しければインテリっぽい?

タンニンや品種まで知らなくても、リースリングくらいは知ってるはず。でも、それだけ知っていれば十分よ。

08.
チーズを食べる最高の言い訳になる

6fa2fa829af00f485c3e16dbf4e3d0a8ff5cd670

ワインを飲みたいだけ飲みましょう。さらにチーズを添えれば、もっと上品に。

09.
機内で朝9時から飲んでもOK

長時間の飛行機は、正直かなりのストレス。そんなストレスを和らげるためにお酒が提供されるんじゃない?

でもテキーラなんて手に取ったら、酒豪と思われちゃうし…。ワインならそんな偏見を持たれずに済むはず。

10.
両親の前でいくら飲んでも「アル中」と思われない

「アルコール中毒者だと思われないお酒にようやく出逢えた」とでも言いましょうか…。

11.
ひとりでボトルを空けたってOK

「2本買えば1本無料」なんてキャンペーンがあるくらいだし、これって「奨励されている」ってことでしょう?

12.
ワイン一杯はジムでの一時間に換算?

E4d5b07780cc1d227589013e8f5a178b9f6dea12

研究結果に興味がある方は、Elite Dailyのこちらの記事をどうぞ。

13.
「ワインアイス」もある

こんなに最高なことってある?

14.
寒い夜のステキなお供になる

寒い夜は、家でぬくぬくしたい。そこにワインさえあれば、孤独な気持ちもすぐに紛れる。でも、ひとりで飲むなんてつまらない!そう感じるなら…

15.
ワインを口実に友だちを家に招待

「1本あげるから競争しない?」そんな楽しい誘い方はどうかな。

16.
値段に関係なく、期待に応えてくれる

Ad717530ac89fb54a57c85847c58ee6ca676c4f9

ワインを飲む究極の目的は、酔っ払うこと。もしくは熟睡すること。400円でも4,000円でも、2本とも必ず目的を果たしてくれる。

17.
ワインを飲むときの会話は格別

テキーラやウォッカを立て続けに飲んでしまった夜はしゃべることすら困難に…。

でもワインを飲むと、なぜか口がうまく回るもの。しかも、いつも以上に素直になれたりして。

18.
「スラップ・ザ・バッグ・ワイン」はいい運動?

これが、結構腕にくる…。

19.
暴食するくらいならワインを暴飲したほうがマシ

食べ過ぎてしまうと、胃は弱って、体はむくみ、心もぐったり。でも、ワインの飲みすぎで心配なのは頭痛くらい。そのほうが軽傷じゃない?

20.
ランチに一杯飲んでも気づかれない

572f9de9e8e7b483da13e2bfe382387e602b9701

私が保証します。

21.
睡眠薬に頼らなくてもぐっすり眠れる

しかも、いつ寝たのか記憶にないくらい最高の眠り。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」...
世界の食通が発見する前に、この新しい「ボタニカルなSAKE」を日本人として試したい。