なぜ…。私がワインを13杯も飲んでしまった「一関」の食材の話

そんなに飲むつもりじゃなかったのに。この夜、気づけば私は2時間足らずの間に13杯ものワインを飲んでいたのだ。なぜそのようなことに? それは、お腹を鳴らしながら参加した「ノムリエの会 〜世界のワイン×岩手・一関の美味しい〜」というイベントで振る舞われた料理が、どれもこれも最高のものだったから。

会場となった、CROSS TOKYOの増山シェフと、ソムリエ&おつまみ研究家の大橋みちこさん両氏がセレクトした岩手県一関市の食材。それらがこの日限りの特別料理に仕立てられ、世界中からセレクトされたワインとともに振る舞われたのだ。最高のスタッフによって作り、選ばれた料理とワインのペアリングなんて、文句なしに決まってる。けれど、私のグラスが止まらなくなった理由はそれだけじゃない。

 

最高の料理とともに、「思い」も一緒に食べたのである。

生産者と消費者の
新しい出会い方

今回のイベントでは、料理に使われた一関食材の生産農家の方々も参加し、その生産物をPRする場も設けられていた。この企画、じつは「OWNERS」というサービスが一関市と連携して開催したイベントとのこと。

OWNERSとは? ざっくり言うと、インターネットを通して、生産者が作る生産物に対し生産の段階から事前登録することで、その生産物の一口オーナーとなるというもの。生産プロセスを共有しながら、旬の時期には生産者から直接商品が届けられるという。

「りんごの木のオーナーになる」といった制度は昔から存在する。でも、実際にオーナーになりたい、生産者の顔の見える物を購入したい、などと思ったところで情報が限られていたり、手続きが面倒だったり、登録しても生産物が届くだけでそのプロセスが見えないものばかりだった。これらの課題を、インターネットを活用し解決しているのがOWNERSなのである。

そのOWNERSが今回、一関市の地産外商プロジェクトのパートナーとなり、当サイトに一関市の生産者が参加することはもちろん、リアルの場として、CROSS TOKYOでのタイアップイベントを開催することになったというわけだ。

マルシェでなくても、深く
作り手の思いに触れられる

このサービスを立ち上げた株式会社ukka代表取締役の谷川さんは、以前勤務していたPR会社で地方の生産者の方と話す機会が多く、その度にこんなことを思ったという。

「美味しいものを食べた時、その食べ物の背景に生産者の顔が浮かぶ人って少ないと思うんです。つまり生産者がどれだけの思いを込めてその野菜や果物などを作っているのか、それを作ったり収穫する過程でどんな苦労やこだわりがあったのか、それが全然消費者に伝わっていない。マルシェだけでなく、もっと気軽に、簡単に生産者と繋がれる場所があれば、こうした問題が解決する気がしたんです」

だからOWNERSでは、まず、そんな生産者の思いを記事として読み、知るところから始める。その上で、この人の物を買ってみたいなとなれば、オーナーとなってコミュニケーションをとったり、購入ができたりするのだ。

契約した農家さんには、生産過程や収穫の様子を見せてもらったり、時間のある時は直接現地に行って収穫体験をさせてもらうこともできる。そして、購入し食べたものが美味しければ、「おいしかった」と直接伝えることもできるという。これ、普段はかなり実現しにくいけど、作り手と買い手の間にあってしかるべきとても大切なコミュニケーションだ。

“応援したいから買う”
そんな人を増やしたい

谷川さんはまた、普段の私たちの消費行動は、農業の生産現場や生産者に対して強く影響を及ぼしているということを忘れてはいけないという。でも実際それを自覚できている人はとても少ない。

「ある生産物を購入するというのは、その後ろにいる生産者や技術、歴史や伝統などを将来的に渡って応援する一票を投じるということ。一人でも多くの方の消費行動が、”安くて便利だから買う”ではなく、”応援したいから買う”、”将来も残ってほしいから買う”という意識を持ったものに変わっていってほしいと思うんです」

そのために必要なものだけど、今まで圧倒的に足りなかった”生産者と消費者が出会う場”。それを、これからはOWNERSが担っていく。

  思いとともに食べる一関の
食材は素晴らしかったのだ

今回の「ノムリエの会 〜世界のワイン×岩手・一関の美味しい〜 」は、初開催にも関わらず定員を超える120名が参加したという。そこは、OWNERSに登録している一関市の生産者の生産物を、実際に味わうことができる貴重な機会となっていた。それも、最高の形で。

例えば、このいわて南牛の一口丼に使われていたお米は「門崎めだか米」といって、めだかが泳ぐ田んぼで一緒に育った減農薬・減化学肥料で作られた特別栽培米。

田んぼで活躍しためだかは灌漑期、水抜きのタイミングで越冬するため水路や池に移動。翌春、田んぼに水が入る時期に往来工(めだかが水路と田んぼを自由に往来できるようにしたツール)を通り、田んぼに戻ってくる。

 
めだかが棲めるような水路のある田んぼでお米を作るということは、耕作効率が悪く今ではあまり見られなくなっている。そんな中、門崎ファームではめだかの保護・共存を続けるべく、岩手大学農学部と共同で独自の栽培方法を開発したのだ。安心で美味しいお米ができるのと同時に、絶滅危惧種である日本めだかを守りたいという思いも実現するまさに画期的なシステムなのである。

めだかに優しいお米。食べてみると、私の口の中にも優しい甘みが広がった。他の料理で使われている食材も、その全てに生産者の努力や思いがあり、この日はそれを確認しながら一つ一つの料理をワインとともに楽しむことができたのだ。

 

「蒸し鶏とぶどうのサラダ、ヨーグルトとディルの風味」も…

 

「マコモダケとホタテのポワレ、トリュフ香るソース・ヴァンブラン」も…

 

「豚肩ロースのポルケッタ、ゴマとハーブの香り」も… 

 

「ツルクビとベーコンのロックフォールチーズクリームペンネ」も… 

この日出会った全ての料理で使われている一関の食材に、生産者の思いがあり、物語があり、心が奪われた。

「食の豊かさというのは、だれがどんな風に、どんな思いで作っているのかを知った上で食べるというところにあると思っています。ノムリエの会を通して、OWNERSという出会いの場を知ってもらうとともに、美味しい料理に感動し、各生産者さんのファンが増えるきっかけにもなってくれればいいなと思っています」

 私がワインを13杯も飲んでしまったのはきっと、この料理とともに食べた生産者の「思い」のせい。作り手の思いとともに味わう料理の味は、格別以外の何者でもないのだ。

Photo by ukka
Licensed material used with permission by 株式会社ukka
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...