「ワイン」は1日1杯に。

ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲みすぎは禁物。

そこで、Little Thingsが推奨しているのは「1日1杯」のワイン。いくつかの研究結果が赤・白それぞれ紹介されているようです。

01.
赤ワインを飲むと
運動効果アリ?

Abcef78b56f7ceb6f601adb23366950fe5c4d33f

ScienceDaily」に掲載された研究資料にはグラス1杯の赤ワインを飲むことで、1時間分のエクササイズと同じ効果が確認されたと書かれています。

その理由はレスベラトロールという天然化合物に。これは抗酸化物質の一種で、基礎代謝が高まるため脂肪燃焼をも助けるとも。

02.
バクテリアの増殖を抑えて
口臭を防止

E94d50d8abaf1559036d9be825a7aa776dc701e4

管理栄養士のLeah Kaufman氏によれば、赤ワインに含まれているポリフェノールの一種、フラボノイドが口内のバクテリア繁殖を抑え口臭を予防するそうです。

ガムの代わりに、ワインを一杯…なんてのもありなんでしょうか。

03.
白ワインで
アレルギー反応が和らぐかも

7026e82c10fb46ce790d574f0d3d151ac97d0c45

ソムリエのLaura Foster氏がDr.OGで語った内容によれば、甘くないソーヴィニヨン・ブランにアレルギーを抑える抗ヒスタミン薬と同じような効果があるのだとか。

花粉の季節には1杯の白ワインが効くかも。一度は試してみたくなりますね。


04.
心臓病への影響。

Bb16d2d1785c965978f17339f194d6a24574b23b

ワインに含まれている抗酸化物質は心臓病の予防にも効果があるとは、管理栄養士のLeah Kaufman氏の見解です。

05.
記憶力との関係。

B6e7948169ef9ca16286584f262da97c2394b319

アリゾナ大学のテッド・ゴールドフィンガー医学博士が行った調査では、70代女性を2つのグループに分けワインを毎日飲む人とそうでない人を比較、記憶力テストを実施しました。

すると、高得点をとったのは前者のほう。その他、血管の炎症などを防ぐ効果も確認されたそうです。

06.
免疫力にも。

8a04b513e853048357263397fa9845669568688f

1日1杯のワインが感染症リスクを11%下げたとの調査結果や、グラス半分のワインがサルモネラ菌などによる食中毒を予防したなんていう結果も。

もともとワインが大好き!という人にとっては飲む量を抑える方に集中した方がいいかもしれませんね。参考にしてみては?

赤ワインを飲むだけで運動効果がアップ!?そんな記事が2015年12月11日「KLFY News」に掲載されました。どうやら2011年に発表されたアルバータ...
ヨガをやることは、私たちが一般的に知っている以上の効果があったのだと実感させてくれる「Elite Daily」の記事を紹介します。記憶力の向上や自尊心を高...
ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
大事なことを記憶しておきたいのに、どうしても頭に入ってこない時はありませんか?そんな時、繰り返し地道に暗記するよりもオススメしたい方法があるのです。Jef...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...