記憶力・集中力がアップする「賢いランニング」

理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。

でも「ただ走ればいい」というわけではありません。記憶力や集中力など、向上させたい内容によってもトレーニング方法が異なります。自分はどの部分を集中的にアップさせたいのか? 注目しながら読んでみてください。

ランニングで「記憶力」を
高める方法

99e27018d33cd8299c06f0c2593f9af7fc233105

ロンドンに住む一般市民とタクシー運転手の海馬を比べてみると、タクシー運転手のほうが脳の神経細胞の数が多かった、という報告があります。というのも、ロンドンの街は24,000以上の道路が網の目のように張り巡らされており、全部覚えるのは非常に困難。その複雑な街を走りながら新たなルートを開拓していくという行為が、彼らの海馬を強化しているようです。

毎日新しいことに挑戦する環境は記憶や見当識のトレーニングになり、海馬を鍛えてくれます。いつも走るランニングコースを思い返してみると、毎日同じ道順を走っていませんか?そんなアナタには、次のような手順でルートマップの作成をオススメします。

1.目的地だけを決めて走る
2.走ったコースを思い出してノートに記録する
3.ビルやお店の情報など細部まで思い出して書けるように、何度か繰り返す
4.同じ要領で別ルートも開拓する

走って、思い出して、記録する。この繰り返しが、「記憶力」を高めるトレーニングになります。ぜひ挑戦してみてくださいね。

ながら動作で
「集中力」が鍛えられる

集中力は、主に前頭葉を鍛えることで高められます。前頭葉を鍛えるためには、継続してランニングをするのも有効ですが、より効果的なものとして「デュアルタスク・トレーニング」という方法があります。

「デュアルタスク・トレーニング」とは、2つのことを同時に行うトレーニングのことで、外を歩きながら会話をすることもその1つです。こうした〝ながら動作〟を行うことで、前頭葉のワーキングメモリが活性化されると言われています。

走りながら前頭葉を鍛えるなら「ひとりじゃんけんラン」がオススメです。毎回必ず勝負がつくようにグー・チョキ・パーを出すので、高い集中力が必要となります。前頭葉を鍛えるためには、この〝複雑化〟が重要なのです。

クールダウンで
「クリアな思考」を呼び覚ます

585f6aa0d8096427b4fb874fed8231823d0e0fad

ランニング後、とくに速いペースで走ったときは、クールダウンを欠かしてはいけません。激しい運動の直後に動きを止めると、筋肉に留まる大量の血液が心臓に戻らず、脳が一時的に貧血状態になり、めまいや吐き気などを招くからです。

また、激しい運動後は思考がクリアになるというメリットもあるので、良いアイデアを生みだすためにも、クールダウンが重要なのです。

クールダウンは整理運動とも呼ばれ、筋肉内に留まったままの血液を循環させ、脳などに必要な血液を送りこんでくれる働きが。走った直後はゆっくりとペースダウンさせていき、最後に軽いストレッチを行って体を休めるのがベストな方法です。息を整えてストレッチを行うなど、しっかりとクールダウンをすると、運動を終えて間もなく脳に血が戻り、鋭い思考が生まれやすくなります。

3分のランニングで
「ひらめき」を生む

デスクに座ったまま唸っていても、いいアイデアは生まれません。そのまま煮詰まってしまうくらいなら、思い切って走ってみましょう。時間はたったの3~5分でOK。「その場駆け足」「階段ダッシュ」といった、ごく簡単なものでかまいません。

走る前と後では、後のほうが「注意・思考・意欲」などの能力が13%上昇すると報告されています。息が上がるくらいの走りを心がけ、走り終えたら歩いて呼吸を整え、椅子に座って軽く目を閉じましょう。それまで悩んでいたことが吹き飛び、素晴らしいアイデアが出てくるかもしれません。

時間があれば、外に出て軽く散歩をしてみるのもオススメ。スタンフォード大学の研究によれば、人は座っているときよりも動いているときのほうが、平均して約60%も独創力がアップすると言われています。

会社の会議や打ち合わせも、ときには軽く走ったり、散歩をしながら行うと良いかもしれません。発想力という面で「脳力」がアップしているので、新しいアイデアが期待できそうです。

大事なことを記憶しておきたいのに、どうしても頭に入ってこない時はありませんか?そんな時、繰り返し地道に暗記するよりもオススメしたい方法があるのです。Jef...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
ヨガをやることは、私たちが一般的に知っている以上の効果があったのだと実感させてくれる「Elite Daily」の記事を紹介します。記憶力の向上や自尊心を高...
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
人はなぜ、間違えて記憶してしまうことがあるのでしょうか。例えば、デートの時に相手がかぶっていた帽子の色が思い出せなかったり、交通事故の証言が人それぞれ食い...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
カナダのマウント・セント・ヴィンセント大学が、人間の記憶力にまつわる興味深い研究を発表した。カードの場所を覚える「神経衰弱」をふたつのグループで行い、その...
段取り力以外の能力が同じレベルの人が居たとしたら、段取り力がある人の仕事はスムーズに進み、予定通り終了する可能性が高いことが想像できます。スポーツのマラソ...
ジョギングが趣味だという人は、「健康的な生活をしたいから」「痩せたいから」など様々な目的を持っていることでしょう。理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳...
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
「包容力がある男性が好き」という女性は多いもの。包容力のある男性は、何も話さなくても、身体全体から醸し出される雰囲気により、とても安心した気持ちになれるも...
「Elite Daily」で紹介されていた記事には、なんと走ることなく「ランナーズ・ハイ」になる方法があると書かれていた。高揚感に浸ることができれば、ラン...
「はあ。疲れたなあ。」毎日、何気なく、こんな言葉をつぶやいていませんか?以前と比べると、仕事環境、たとえば、パソコンのスペックや、インターネットの速度が上...
今までの読解力と文章力の研究では、初等教育に身につけることの重要性が多かったが、成人になっても日々読んでいるコンテンツによって、文章力の差が出るということ...
お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んで...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...