「疲れた」が口癖のアナタに贈る1日5分の瞑想ライフ

「はあ。疲れたなあ。」毎日、何気なく、こんな言葉をつぶやいていませんか?以前と比べると、仕事環境、たとえば、パソコンのスペックや、インターネットの速度が上がり、同じ労働内容でも、格段に仕事のスピードはアップしました。その分、身体を休めることが出来ているのかと言えばそうでもなく、SNSが普及したことで、すこしの時間でも携帯電話とにらめっこする時間が増えました。人との繋がりが必要以上に増えるようになったので、当然、疲れてしまうはずですよね。

疲労を取り除くためには、一体どうすれば良いのでしょう。答えは、医学博士・石川善樹さん著の『疲れない脳をつくる生活習慣 働く人のためのマインドフルネス講座』にありました。1日たった5分の瞑想を行えば、脳をリラックスさせることができます。瞑想が身体にいいことは、なんとなくは分かっているけれど、具体的なやり方が分からなかったという方。ちょっとおさらいしてみましょう。

大切なことはこのふたつ。
まずは、姿勢と呼吸をととのえよう!

D6a11567dd6ec13a994f0c0d93f509f7e5507990

1日のうちに、興奮・緊張状態にある時間があるほど、脳はぐったり疲れてしまいます。意識して脳をリラックスさせる時間をつくりましょう。

椅子に浅く腰掛けて、背筋を伸ばします。そのあと、2~3分ゆっくりと深い呼吸をします。鼻から5秒ほどかけて吸い、口もしくは鼻から10秒~15秒かけて吐きだします。ポイントは、ゆっくり吐き出すことです。

1日1回で構いませんので、まずは姿勢と呼吸をととのえる時間を、意識的につくってみましょう。とくに、大切な仕事の前に呼吸をととのえておくと、緊張したこころが落ち着きはじめ、冷静な状態でのぞめるようになります。

〈集中瞑想〉
集中力・記憶力・意思決定を鍛える

瞑想には大きく分けで二つあります。そのひとつが、基本となる「集中瞑想」です。いずれも大切なことは「調身(ちょうしん)・調息(ちょうそく)・調心(ちょうしん)」の3つ。これは、正しい姿勢を保ち、正しい呼吸法で坐禅を組めるようになれば、心身ともにととのうという禅語です。

瞑想を行うときは、坐禅を組んでから行うイメージがありますが、膝の調子が悪かったり、足が組みずらい方は、椅子に腰かけたり、歩きながら行っても良いでしょう。リラックスできる状態であれば、形はなんでも構いません。以下に、やり方をお伝えしましょう。

1 調身(正しい姿勢)
リラックスできる場をつくり、一度背筋を伸ばしたら、肩を落とします。椅子に座っている場合は、両足の裏をしっかり床につけて、太ももの上に置いた両手はかるく握り、目をかるく閉じ(もしくは、うっすら開けて)、まっすぐ1メートルほど先を見つめましょう。

2 調息(ゆったりとした呼吸)
姿勢がととのったら、5秒ほどかけて鼻から息を吸い、10秒~15秒かけてゆっくりと、口もしくは鼻から吐き出します。

3 調心(集中して観察する)
自分の呼吸の流れに耳をすましたり、たとえば、ロウソクの灯りなど、目の前にある対象物を見つめたり、意識をひとつに集中させ、瞑想しましょう。これを続けることで、集中力や記憶力、意思決定力などが鍛えられます。

〈観察瞑想〉
ひらめきやすい脳をつくる

4783d9f4ceaea0109d27ae473576b79dbf495685

ふたつ目は「観察瞑想」です。瞑想中は、いろいろな想いや考えが浮かんできてしまうものですが、そのひとつひとつに向き合うことをせず、観察しながらも手放していく瞑想法です。たとえば、「いま、わたしは座ってるな」「外から大きな音が聞こえるな」など、頭に思い浮かんだことを、もうひとりの自分が、外側から見ているように観察していくのです。

とはいえ、フラットな気持ちで観察していくのはなかなかむつかしいものです。そこで、頭に思い浮かんだことを脳内で実況中継すると観察しやすくなります。声には出さないけれど、思ったことや感じたことを頭の中で実況中継していく。これを繰り返していくことで、次第と、想像力や発想力が養われ、対人関係やチーム力など、コミュニケーション能力に深くかかわる脳の領域が鍛えられることになります。

瞑想は、いきなりマスター出来るものではないですので、毎日少しずつ繰り返して、コツをつかんでいきましょう。

休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
瞑想は人によって目的が違う。ストレスフリーになるため、健康を取り戻すため、自分を見つめるため・・・。イチローや、ジョブズ、ビルゲイツなど、世界中の著名人も...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
大事なことを記憶しておきたいのに、どうしても頭に入ってこない時はありませんか?そんな時、繰り返し地道に暗記するよりもオススメしたい方法があるのです。Jef...
ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...
ヨガをやることは、私たちが一般的に知っている以上の効果があったのだと実感させてくれる「Elite Daily」の記事を紹介します。記憶力の向上や自尊心を高...
タマゴ型の「瞑想スペース」。目の前のタスクから解き放たれ(一旦ね)、じっと自分の心と向き合う時間は、リラックスにも繋がり集中力を高めてくれそう。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ビジナスパーソンには、どうしても「成果」という命題がのしかかります。週末の休日中にも仕事のことが頭から離れず、家族との時間がおろそかな人もいるでしょう。で...
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
週の後半。集中力、切れちゃいますよね。
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
何か突発的なことが起きた時の対処だけではなく、私達の日常生活は瞬間的にAをとるかBをとるかという選択の連続です。同じ努力をしていても、成功する人とうまくい...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...