疲れやすい、集中力が続かない…もしかしたら「季節性うつ」かも!?

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

日に日に寒くなるこの時期。心までさみしい気持ちになりがちですね。こんな季節には「季節性うつ」にご用心! 

今回は季節性うつについて、医師の話を聞いてきました。

季節性うつってどんなもの?

_000068181039_Full

秋から冬の日照時間が少なくなるころに発症するうつ病で、季節性感情障害ともいいます。春には症状が改善するということを2回以上繰り返した場合が「季節性」です。中には夏などに軽い躁(そう)症状を感じる人もいます。 

【季節性うつの原因】
1. 日照時間が短い
主な原因として日照不足が関係していると考えられます。冬は日にあたる時間が短くなることで、一日の睡眠覚醒リズムが少しずつ遅れがちになることが「季節性うつ」に深く関わっていると考えられています。

2. 中枢神経での物質の機能低下
中枢神経(脳など)に関係する物質の機能低下も、季節性うつの原因ではないかと考えられています。

3. 遺伝
遺伝的な要素もある程度関係していると考えられています。

季節性うつとうつ病、
症状に違いはある?

000006753349_Medium

季節性うつは、社会的なストレスによる精神的活動の低下が特徴的で、うつっぽい気分、不安、焦った気持ち、午後からだるさが増すなど、概ねうつ病と同様の症状ですが、若干の違いがあります。 

【一般的なうつ病の診断基準】
・抑うつ気分
・興味関心の低下
・睡眠障害
・食欲不振または食べ過ぎ
・精神的活動性の低下もしくは焦燥(焦った気持ち)
・疲れやすさ
・気力・思考力・集中力の低下
・自分が価値のないものと思う気持ち
・自殺のことを考えてしまう

これらのうち、季節性の場合は
・食欲不振がみられにくいこと
・睡眠障害の中でも不眠より過眠が多いこと
などの点が、一般のうつ病と異なっています。

季節性うつ病の予防法について教えて!

Female Doctor At Hospital Corridor

季節性うつ病の人に見られやすい特徴は
・過眠(寝すぎること)
・食欲亢進(食欲が増すこと)
・体重増加
・炭水化物を好んで食べる
・寝室に遮光カーテンやシャッター使っている割合が多い
などです。できるだけこの条件は排除した方がいいでしょう。

【季節性うつの予防法】
より積極的に予防をする場合は、以下の予防法を取り入れましょう。

・一年中を通して一定の時間に早寝早起きする
・休日も一定の時間に起きる
・夏場でも、なるべく朝は部屋に光が入るように調整する
・秋や冬は不足した光を浴びるため、外出や散歩などで日を浴びるようにする 

人間の体も光によって感情や睡眠などに影響があると考えられています。日照時間が少なくなる冬場は積極的に明るい環境に居るように心がけましょう。本格的なうつの症状に陥ってしまった場合は、精神科での薬物療法、高照度光療法などをすすめられます。

■医師からのアドバイス

季節性うつ病は、生活習慣をいくつか見直すことで予防できる可能性があります。うつ病に陥ると生活に支障をきたし、つらいものです。可能な範囲で予防し、春が来るまで明るい気分で過ごしたいですね。

監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

一般的なうつ病は、季節と関係なく気持ちが塞ぎこんでしまうものですが、それとは別に決まった季節だけに発症するうつ病があります。正式名称は「季節性感情障害」と...
ある調査によれば、アメリカでは9人に1人が産後うつを経験するのだとか。だから、Tovaさんは「多くのママにどういった症状が出て、どう対処すべきなのかを伝え...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
25分間がんばったら5分間リラックス。ポモドーロ・テクニックと呼ばれる集中力維持メソッドを応用したスマホアプリ「Octomonk」が、子どもの学習用に使わ...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
Clarendon、Gingham、Moon、Juno、Lark、Reyes、Slumber、Crema、Aden、AmaroにMayfair…。ピンとく...
寒くなったら、とたんに心も体もだらけ気味なんてことありませんか?気分が乗らなかったり、原因不明のだるさが襲ってきたり。実はこれ、季節性情動障害(SAD)と...
もの哀しくなる理由がハッキリすれば、勢い余ってヨリを戻そうとしてしまう事故も起こらないでしょ?てことで、「どうしてこの時期は切なくなるのか?」その理由を大...
週の後半。集中力、切れちゃいますよね。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
時々セレブが患っているとしてその名があがる、強迫性障害(OCD)。あなたはどれほど説明ができるだろうか?身近でこの疾患にかかっている人がいなければ、詳しい...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
なんだか体が重い、やる気が出ない、イライラする…。そんな症状が出たら、ひょっとするとうつっぽい状態になってしまっているかもしれません。でも、周りにそんな人...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
頑張っている人が近くにいると、不思議と自分も頑張れるもの。でも、一体なんででしょうか?そんな疑問を基に実際に調査をしたのは、ブリュッセル自由大学のKobe...
「うつ」になる理由は様々かもしれませんが、ケガのように外から見てすぐに気がつくものじゃないからこそ、周囲の理解を得るのが難しいことも…。ここで紹介するのは...
鬱病のサインをまとめた記事。どれも日常的に見逃してしまいやすいものばかり。頭の片隅に入れておくことで、自分や大切な人にもしもの事があった場合、早期発見に繋...
これまで3,000人の糖負荷検査を行ってきた医師の溝口徹さんは、20年に渡って「うつ」や「パニック障害」など精神疾患の治療にあたってきた人物。近著『「血糖...