少女が公開した「うつのリアル」を30万人がシェアした理由

「うつ」になる理由は様々かもしれませんが、ケガのように外から見てすぐに気がつくものじゃないからこそ、周囲の理解を得るのが難しいことも…。

ここで紹介するのは、うつから徐々に回復する姿をFacebookに投稿し、多くの共感を得たアメリカ人の少女、Katelyn Marie Toddさん。写真に添えられた、正直すぎるほどの言葉は、伝わりにくい心の病のリアルを浮き彫りにしているのです。

「目が焼けそうなほど天井を見る。
空っぽだと感じるの」

E43a6b124c6ce91cadc7c0248733d734167e32ec

今日ブラシで髪をとかした。4週間ぶりだったから、もつれて絡まっていたわ。とくたびに、切れたり裂けてしまった。そして洗っている間、泣いてしまったの。だって、髪の毛の間を指で滑らせるのがどんな感じか忘れてしまうくらい久しぶりだったから。歯も磨いたわ。1週間ぶりにね。歯ぐきからは血が出ちゃった。シンクに吐き出したつばが赤くて、それを見てまた涙が流れたの。シャワーから出た時、髪の毛や腕のにおいをかがずにはいられなかった。自分の匂いを気にして、しばらく誰かとハグすることを避けていたの。いつも、まるでベッドに1週間もいるような匂いがしていたわ。清潔な服もない。疲れて悲しくてそんな気力はないから。

うつは美しいものなんかじゃない。衛生的に良くないし、お皿も洗わなくなるし、寝すぎて体が痛くなる。まるで我慢強くて愛があるだけの3人の友達みたい。うつというのは、涙が枯れるまで泣くことをいうの。呼吸をするたびに喘いですすり泣く。また、うつとは瞬きを忘れて目が焼けそうになるまでずーっと天井を見つめることでもある。そしてうつとは、家族までも泣かせてしまうの。なぜかというと彼らはあなたが取り乱して距離を置く時、もう愛されていないんじゃないかと感じてしまうから。うつは感情に支配されるだけじゃなく、身体にも影響するの。空っぽだと感じるのよ。

同じように、掃除することや出かけること、そして自分の身の回りをケアすることに苦しんでる友人や家族がいたら、どうか優しくしてあげてください。そしてもし、あなたにその事を打ち明けたとしたら真剣に向き合ってあげてください。私たちは頑張っています。トライしていると断言します。だって私は今日、ちゃんとこんな風に髪の毛をとかすことができたじゃない?

約30万人がシェア
「真実を伝えている」

読んだ人たちは…

「これは私が今までFacebookで見た中で、一番うつの真実を伝えているものだわ。読みながら泣いてしまった。私はいつもこんな感じだもの。うつはそこまで酷いものではないと見せかけるようなものではなく、この心の病の裏にある、正直で悲しい真実を伝える投稿を見つけることができて嬉しい

「投稿してくれてありがとう。うつは人々に間違った捉えられ方をされていると思うんです」

「ちゃんと話されていないけれど、もっとこのことについて議論すべきだわ」

Katelynさんの投稿には2万件以上のコメントがつき、約30万人がシェアしました。これほど話題を呼んだだけあって反対意見も多く送られてきたということですが、うつ病を患っている彼女がありのままの姿を伝えたからこそ、たくさんの人の心に刺さったに違いありません。

Licensed material used with permission by Katelyn Marie Todd
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
無自覚のうちに、心の病にかかっていたKelly Nelsonさんは、家族の死をきっかけに自分の心に疑問を持つようになったと言います。ひとりになることを過度...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
これは、イリノイ州に暮らす3歳の女の子ブルックリンちゃんと、ゴミ収集作業員(ドプソンさん)とのハートウォーミングなストーリー。この小さな恋のものがたりは、...
ある調査によれば、アメリカでは9人に1人が産後うつを経験するのだとか。だから、Tovaさんは「多くのママにどういった症状が出て、どう対処すべきなのかを伝え...
スイス人作家ヨハンナ・シュベリによって書かれた『ハイジ』。原作は60もの言語に翻訳され、発行部数はじつに5,000万部以上だそう。世界中で愛され続けている...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
30代に入る事も一つの大きな転機でもあります。20代で許された事が、30代でも通用するかどうか、一度自分自身を見つめ直し、今後のための教訓を学ぶべき一つの...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
「チャイルド・トラフィッキング」これは子どもの人身売買を意味する言葉。インドでは女の子を誘拐し、強制的に売春をさせているという事実があります。けれど、加害...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
Kate FennerさんがInstagramに投稿を続けているのは、コメント付きの虫たちのイラスト。実は、自分の幻覚や幻聴をそのまま表したものだという。...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
とある少女がスーパーで、おじいさんに声をかけたところから始まる物語。スーパーで知らない人に声をかけても、その場限りの会話になることがほとんどですよね。しか...