フライトに怯える糖尿病の少女を救った「客室乗務員」のやさしさが話題に!

1型糖尿病を患っていて、極度のフライト恐怖症でもある9歳のギャビー。そんな彼女が飛行機に乗らなければならないときがやってきました。

ギャビーより小さい子供が2人もいるお母さんは、弟妹たちと一緒の列に座らなければならず、ギャビーは通路を挟んで、少し離れた席にひとりで座ることに。

離陸のときから不安でたまらないギャビー。しかし、そんな彼女の様子にすぐに気づいたのが、男性客室乗務員のギャーリックでした。

「となりに座ってもいい?」

C9aafefa4ae8ae32d19234448c0af00cc18d4184

ギャーリックは、不安そうな彼女を笑わせたり、飲み物を持ってたりと、ずっと気にかけていました。しかし外は徐々に悪天候に…。乱気流に入り、彼女はパニック発作を起こしかけていました。

そんなとき、ギャーリックがこう聞きました。

「となりの空いている席に、僕が座ってもいいかい?」

そして、2人は腕を組み
いろんな話を始めた

着陸の不安から気をそらそうと、ギャーリックは30分にわたって色々な話をしたと言います。自分の娘のこと、ギャビーの学校のこと。さらには、

乱気流で機体が揺れたら「好きなだけ、掴まっていいんだよ」、ストレスで低血糖になったら「オレンジジュースを持ってくるよ」と励まし続けました。

最後には
飛行機中に拍手が!

そして飛行機が無事着陸すると、ギャーリックはなんと機内放送で彼女の頑張りを伝えたのです。

「僕の小さな友人、ギャビーがフライトの恐怖に打ち勝ちました。みなさん、頑張った彼女に拍手を!」

ギャーリックのやさしさに感動した母親のエリカさんは、この話をFacebookにポスト。すると、またたくまに3万以上のいいね!がつきました。さらに、サウスウエスト航空の公式アカウントからも返信が。

「サウスウエスト航空のおもてなしの精神を体現したギャーリック、そしてとても勇気のあるギャビーちゃんを誇りに思います。またのフライトもお待ちしております」

Licensed material used with permission by Erika Jeorgean Swart
飛行機に乗っていると、客室乗務員同士でハンドサインのやりとりをしている様子をよく見かけます。その内容が気になったあるユーザーが「easyJetのハンドサイ...
糖尿病に苦しめられるこどもたちを救うため、楽しく注射ができる夢のようなキットが開発されました。成果を高く評価され、2017年のJames Dyson Aw...
長時間のフライトで疲れが溜まり、目的地に到着した時には見た目が酷いことに…なんてことはよくある話。でも、女性なら、いかなる時も美しくいたいものです。それな...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
仕事がつまらない…。と、感じることはありませんか?私は長年同じ職場に勤めましたが「仕事に飽きた」ことはいちどもありませんでした。少しの気付きで、モチベーシ...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
25年間ANA(全日空)にCA(客室乗務員)として勤め、天皇皇后両陛下や、各国首相・国賓の特別機に乗務したトップCAである里岡美津奈さん。全ての乗客に満足...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)として、25年間トップを走り続けてきた里岡美津奈さん。それができたのは「感情が安定していたから」と言う彼女の書籍『いつ...
Tricia J. Belstraの愛する息子さんが自殺したのは、今年の8月12日のこと。乗っていた飛行機で声をかけられた名前も知らないCAの男性に、紙ナ...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)を25年間にわたり務めてきた里岡美津奈さん。その間には、天皇皇后両陛下や各国首相・国賓の特別機をアテンドした経験も。そ...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「うつ」になる理由は様々かもしれませんが、ケガのように外から見てすぐに気がつくものじゃないからこそ、周囲の理解を得るのが難しいことも…。ここで紹介するのは...
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
これは、イリノイ州に暮らす3歳の女の子ブルックリンちゃんと、ゴミ収集作業員(ドプソンさん)とのハートウォーミングなストーリー。この小さな恋のものがたりは、...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
心の病を抱えた家族とともに暮らす、アーティストのJoshua Mielsが描いた肖像画。何層も塗り重ねられたカラフルな油絵の具は、彼が心に秘める感情があら...