7歳のいとこに「タトゥー」を勧めたら、病気を克服してくれた。

知っている人も多いかもしれませんが、糖尿病には、生活習慣に全く関係なく引き起こされるものもあります。

それが、1型糖尿病。別名、小児糖尿病。これは体内で行われるインスリンの分泌やその働きが悪いことが一因となっています。

“小児”というくらいだから、こどもの患者が多いようです。

治療には最低でも毎日5回はインスリン投与しなければならず、幼いこどもたちは、この行為を嫌がるそう。

このような状況を変えるために、怖がらずに注射をできるキットが開発されました。

メキシコのデザイナーRenata Souza Luqueさんは、7歳のいとこが1型糖尿病になったことをきっかけに、「Thomy」を製作しました。

その見た目はおもちゃのようで、小さなリュックに入るくらいのコンパクトさ。

注射針の存在をまぎらわせ、持ち運ぶのがカッコいいと思えるようなデザインにすることで、インスリン投与を楽しくするというアイデアです。

インスリンは、むやみにどこでも投与していいわけではありません。

安全を考えて、すでに投与した場所を覚えておく必要があるそうなのですが、それがこどもにとってはもちろん、親でさえも難しいという現状だとか。

そこでRenataさんが目につけたのが、3日間限定のタトゥー。

色の付いたドットの入った可愛らしいデザインを肌に貼って、そのドットに合わせてインスリンを投与します。

種類は、宇宙船や海の生きもの、などなど。イラスト選びも楽しめて、インスリンを投与している感覚を忘れてしまうかもしれません。

ちなみに、「Thomy」は通常の注射器よりも短く、しっかりつかめる持ち手と、インスリンを残さず投与できるように押しボタンがついています。

なぜなら、通常の注射器はこどもの手には少し長くて持ちにくく、最後まで押し込むことが難しいから。

自分の生活が制限されたり、友だちと思うように遊べなかったりと、病気に苦しんでいるこどもたちは世界中に多くいます。

治療に対する抵抗を減らし、さらには頑張って治すことに誇りをもってもらう。

Renataさんの想いは届き、彼女のいとこは無事糖尿病を克服して、今は元気に生活してるそうです。

「Thomy」は、この成果を高く評価され、2017年のJames Dyson Awardでファイナリストに選出されたそうですよ。

Licensed material used with permission by Renata Souz
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
Mambotattooerさんのインスタに載っている作品は、ポップなものばかり。
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...